■ 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III」大ヒット舞台挨拶のレポ到着

5月28日にTOHOシネマズ日本橋で行われた「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 決起の篝火 -III 暁の蜂起」大ヒット舞台挨拶のオフィシャルレポートが到着した。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 決起の篝火 -III 暁の蜂起 」大ヒット舞台挨拶にはシャア・アズナブル役の池田秀一さん、セイラ・マス役の潘めぐみさん、ガルマ・ザビ役の柿原徹也さんが登壇。収録時のエピソードや第4話への意気込みなどを語った。


■池田秀一さん
あっという間の一週間でした。エドワウからやっとシャアになれました。なんとかうまくシャアになれましたのでこれからもシャアをずっと名乗っていきたいと思っております。(久しぶりにシャアを演じてみて)久しぶりにいい酒が飲めました(笑)。ラストのシーンで「赤いな。実にいい色だ」というセリフがありましたけど、そこからますますシャアは赤に染まっていきます。シャアは、第1話は4つのセリフしかなくて、第2話では13、14歳だったので、少し無理をしましたが(笑)、やっと今回20歳になれて、これからが本番だと思っております。

(アフレコでは)若い人たち(柿原、前野)にエネルギーをもらって助けてもらいました。(セイラとは)今回アルテイシアはお墓のワンシーンしか出てこないんですが、我がアルテイシアも大人になったと思いましたね(笑)。(印象的なシーンは)ガルマがすごくかわいいですよね。そうゆう風に安彦さんが描いているんですけど、お茶目な坊やでしたね。そうゆう意味でドズルもあんな強面の顔しているのに可愛い部分もあるわけじゃないですか。ゼナとのシーンはあの怖いドズルが可愛いなって思いましたね。

(最後に)第4話はこの夏にアフレコを行い、皆さんには秋にお見せできると思いますが、予告編通りララァとの会話もありますし、モビルスーツの戦闘もありますので、ぜひご期待ください。これからも良い作品をみなさんに届けていきたいので応援よろしくお願いします。

潘めぐみさん
来週には上映期間が終わってしまうので、なんだがあっという間だなと感じますね。こうやってたくさんのお客さんにお会いできて光栄です。(3話を迎えて)いよいよセイラ・マスとして生きていかなくていけないなと、友だちからは1、2、3話と毎回感想くれたり、その期間に子どもができた人もいて、劇場に一緒に連れて観たんだよって聞いて、これからオリジンもずっと続くことができたらその子どもたちも成長して、一緒に物語を紡いでいけたら、なんだか心地がいいですし、ほっこりしますね。

(エドワウからシャアになって)今回は兄さんと対面することができず、キャスバルが死んでしまった知らせを受けるだけなんですけど、アフレコのスタジオでは同じ空間に居たりとか、どこか一筋縄ではいかない兄さんなので、どこかで生きているなと予感めいたものを大切にしながら演じました。(印象的なシーンは)一番最初に池田さん演じるシャアがシャアと呼ばれるシーンですね。最初に呼ぶのは空港の係員なんですが、そこからシャアが始まるんだなってすごく印象的でした。

(最後に)これからどんどんと戦火の渦に巻き込まれていくんだなと感じております。本当に何度も観てもいろんな発見があって、いろんな思い入れが生まれてくるのがこの「オリジン」なので、一人一人のキャラクターをみる勢いで、2度3度と劇場で観て頂けば嬉しいです。この先も観ていきたいので、引き続き、応援よろしくお願いします。

柿原徹也さん
この作品のオーディションを受けてから収録まで時間が空いていたので、ずっと待っていたんですけど、作品が上映されて「え、ガルマやるの?」って業界関係者の方や友だちからいっぱい連絡が来るようになりました。これはみんなの期待度が高いなと身に沁みる一週間でしたね。

(池田さんと共演してみて)オリジンが初めてではなく、ユニコーンの時に共演してまして、ずっと池田さんに付きまとう役で結構長い年月ご一緒して、背中を見てお芝居をさせて頂きましたが、今回は同級生なので、共に切磋琢磨して士官学校を卒業していくと思い込んでるガルマなので(笑)。今までアンジェロとして観ていましたが、今回ガルマとして肩を並べて立っているとやっぱり違うオーラを感じざるをえなかったですね。(印象的なシーンは)一番最後のシャアの「赤いな、実にいい色だ」ですかね。あれは原作にはなく、急遽入れられたシーンなので印象的でした。

(最後に)まだこれでは終われないですし、あとどれぐらい秀一さんとお芝居ができるのかわからないので、一つひとつ大切にガルマという役を育てていきたいなと思います。あと一週間の上映ですので1、2回ときて頂いた方は、3、4回とまだまだお越しいただき、ぜひこれからも「オリジン」の応援よろしくお願いします。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインとアニメーションディレクターを手掛けた安彦良和さんが「ガンダムエース」で連載していた漫画が原作。ファーストガンダムを新たな形で描いた作品で、第3話「暁の蜂起」では士官学校に入学したシャア・アズナブルとガルマ・ザビの2人を中心に、激動の物語が展開されている。

■「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 決起の篝火 -III 暁の蜂起あらすじ
宇宙世紀0074年。テキサス・コロニーを離れたエドワウ・マスは身分を偽り、シャア・アズナブルとしてジオン自治共和国国防軍士官学校に入学する。同期となったザビ家の御曹司ガルマと親交を深めるシャア。次第に二人は学生たちからも一目置かれる存在になってゆく。そして宇宙世紀0077年、ついに学生たちは独立をかけ地球連邦軍治安部隊に対し武装蜂起する。しかしそれはシャアの描く復讐への壮大なシナリオの幕開けでもあった……。 ――いま、歴史の歯車が回りだす!

■5月21日(土)~6月3日(金)2週間限定 大ヒット上映中!

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月2日(木)

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)

2021年11月29日(月)

2021年11月28日(日)