■ TVアニメ「ナンバカ」が人気アパレルブランドのgalaxxxyとコラボ

2016年秋にスタートするTVアニメ「ナンバカ」と人気アパレルブランド「galaxxxy」との次元(!?)を超えたコラボが実現。現在制作中のTVアニメ「ナンバカ」の各キャラクターの2次元の設定衣装をgalaxxxyがアレンジし、声を担当するキャスト用の衣装を制作した。


衣装は囚人服で、メインキャストの囚人番号15番(ジューゴ)を演じる上村祐翔さん、11番(ウノ)役の柿原徹也さん、69番(ロック)役の汐崎アイルさん、25番(ニコ)役の小林大紀さんを3次元にフィーチャーしたもの。これまで、アニメ作品の販売商品としてコラボすることは多数あったが、作品の当初よりキャストに衣装提供することは珍しい。

galaxxxyの川島マネージャーは「同じ世界観を共有できる、このキャラクターたちと一緒に成長していけたらいいですね」と作品との最初の段階でのかかわりに今後も意欲的だ。

また、原作者の双又翔さんもかねてからgalaxxxyブランドがお気に入りで、「galaxxxyさんの独特な色使いやデザインが大好きだったので、今回のコラボにとても感動しています! 自分の漫画を通じて、こんな夢のようなお話がもらえるなんて、人生わからないですね。私も着てみたい!」とコメントしている。

6月15日(水)20:00からニコニコ生放送とYouTubeで配信される「アニメ『ナンバカ』キャスト生特番vol.1 ~南波刑務所 脱走中~」で、上村祐翔さん、汐崎アイルさん、小林大紀さんがこの衣装を着て登場する(柿原徹也さんは映像参加)。

「ナンバカ」は、双又翔さんがウェブ漫画アプリ「comico」で連載中の漫画が原作。世界最大級の南波刑務所を舞台に、ひと癖もふた癖もある囚人たちと最強の看守たちとのおバカでシリアスな物語が繰り広げられる。

主人公の囚人番号15番のジューゴ役を上村祐翔さん、11番のウノ役を柿原徹也さん、69番のロック役を汐崎アイルさん、25番のニコ役を小林大紀さん、看守側の主任看守部長・双六一役を関智一さん、その上司の看守長・百式百子役を明坂聡美さん、放送局部長の一声三鶴役を津田健次郎さん、3舎主任看守部長の三葉キジ役をKimeruさん、4舎主任看守部長の四桜犬士郎役を山本匠馬さん、5舎主任看守部長の悟空猿門役を保志総一朗さん、13舎副主任看守部長の五代大和役を武内駿輔さん、13舎看守の七夕星太郎役を奥山敬人さんが演じる。

(C)双又翔/comico/南波刑務所更正委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月7日(火)

2021年12月6日(月)

2021年12月5日(日)

2021年12月4日(土)

2021年12月3日(金)