■ 9月23日公開の劇場3部作最終章「亜人 -衝戟-」の詳細が明らかに

桜井画門さんが「good!アフタヌーン」で連載中の漫画を原作に、異例の3部作として劇場アニメ化されている「亜人」。9月23日から公開される第3部「亜人 -衝戟-」のキービジュアル&ストーリーが公開され、最終章の詳細が明らかになった。

最終章「亜人 -衝戟-」は、不死の高校生、テロリスト、日本政府による、日本アニメ史上、類を見ないスピードとスケールで繰り広げられる壮絶な最後の三つ巴の闘いが展開される。敵と味方がめまぐるしく入れ替わり、人間関係が交錯するスリリングなストーリー。その中で、徐々に明らかになる、亜人・佐藤の恐るべき正体。原作とは異なる展開、異なる結末が用意され、原作ファンをも飽きさせない仕掛けが施されている。

「亜人」は、決して死なない新人類・亜人と認定され、全人類から狙われることになった高校生・永井圭の逃亡劇が本格的なアクションと緻密な心理描写で描かれている。

不死になった高校生の主人公・永井圭役を宮野真守さん、圭の友人である海斗役を細谷佳正さん、中野攻役を福山潤さん、帽子と呼ばれる謎の男・佐藤役を大塚芳忠さん、佐藤と行動をともにしている男・田中功次役を平川大輔さん、厚生労働省所属で亜人を追う戸崎役を櫻井孝宏さん、戸崎の秘書兼ボディーガードの下村泉役を小松未可子さん、亜人研究の第1人者のオグラ・イクヤ役を木下浩之さん、曽我部役を鈴村健一さん、アルメイダ役を森川智之さん、マイヤーズ役を坂本真綾さん、圭の妹の永井慧理子役を洲崎綾さん、琴吹武役を斉藤壮馬さんが演じている。

■劇場アニメ3部作 第3部『亜人 -衝戟-』ストーリー
「これが、カウントダウン開始の合図だ」第2ウェーブ――“浄化”が始まった。石丸、桜井、岸、甲斐、李……リストの順番通りに殺されていく要人たち。だが、日本政府は断固としてテロリストには屈しない姿勢を貫く。水面下で動く、警察、対亜特選群、自衛隊、米国国防総省、そして、亜人管理委員会役人・戸崎と高校生亜人・永井圭。「第2ウェーブの終了とともに、我々は次のウェーブへとコマを進める。第3――それが、最終ウェーブだ」圭は、亜人である佐藤を無力化するための策を練るが、彼の気付かぬところで計画は綻びを見せ始めていた……。ついに動き出した、亜人過激派集団。史上最悪最凶のテロリスト・佐藤の真の狙いとは――? 佐藤を止めるのは、誰だ。


◆劇場アニメ3部作 第3部『亜人 -衝戟-』
9月23日(金)~10月13日(木)3週間完全限定公開
配給:東宝映像事業部
(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
関連リンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年7月19日(金)

2019年7月18日(木)

2019年7月17日(水)

2019年7月16日(火)

2019年7月15日(月)

今日予約開始の商品