■ 森久保祥太郎らが登壇「弱虫ペダルSPARE BIKE」完成上映会レポ

8月28日にTOHOシネマズ新宿で開催された、9月9日(金)から2週間限定で特別上映されるアニメ「弱虫ペダル SPARE BIKE(スペアバイク)」完成披露上映会のオフィシャルレポートが到着した。

完成披露上映会には「弱虫ペダル SPARE BIKE」で“主演”を務めた巻島裕介役の森久保祥太郎さんと東堂尽八役の柿原徹也さんが舞台挨拶に登壇。アニメ「弱虫ペダル」としてこれまで何度もイベントで共演してきたものの、2人だけで登場したのはこの日が初めて。スクリーンで、お互いの演技を観られたことがとても楽しかったと語った。


「弱虫ペダル SPARE BIKE」でそれぞれのキャラクターの過去を演じた2人。高校1年生の巻島を演じた森久保祥太郎さんは、「TVシリーズ、そして劇場版と時系列が進んでいく中で気持ちが蓄積していきながら演じていったので、過去の時間に遡る本作は演じるのに少し難しい部分がありました」とコメント。それを聞いた柿原徹也さんは「巻島は高校1年生の時だけど、東堂は中学2年生の頃なんですよね……」と苦笑いした後、「巻ちゃんが高校1年の時に、東堂は何をしていたんだろう? そして中学2年の頃の巻ちゃんはどんな風だったのだろう? と想像しながら作品を観てしまうので、その場に一緒にいられないことが少しだけはがゆく感じましたね」と感想を述べた。

それぞれの過去を描くうえで心がけたことを質問され、森久保祥太郎さんは「この頃の巻島は、自分としての柱がまだ出来上がる前。自分の想いで走りたいという気持ちがあるものの、先輩の言葉に翻弄されてしまう。けど、そこから自分の信念を貫いていく」と、今回の役どころを説明したうえで、「今回、この作品を演じて感じたのは、主将として登場する、寒咲(通司)先輩(CV.諏訪部順一)の存在感が、巻島にとって非常に大きいものだということ」と語り、「出来上がった作品を観た時に、巻島の背中を押す言葉を投げかけてくれる寒咲先輩がすごくかっこいいと改めて感じました」と感想を述べた。巻島と言葉を交わす寒咲の姿を描くシーンが新鮮で、また、高1頃の金城真護(CV:安元洋貴)、田所迅(CV:伊藤健太郎)の演技も見どころの1つと紹介した。

そして、中学生の頃の東堂を演じた柿原徹也さんは「昔も今も変わらない尽八自身は変わっていないんですが、まだ自分の全てをかけることになる自転車に出会っていない頃。僕自身が知らない尽八と出会えました。」と答えた後、初めてのレースの時に東堂が友人の糸川修作(CV.阪口大助)に優しさを見せる際、修作から「(自転車レースにおいては)その優しさはいらない、ただゴールを目指すんだ」と諭され、なりふり構わず走り出すシーンを受けて、「尽八が一人の男として成長していく、その瞬間を演じられたことがとても嬉しかった」と感想を語った。


イベントの最後にはファンに向けてのメッセージが贈られた。森久保祥太郎さんは「このような形で、再び作品に関わることができて嬉しく思います。来年からTVアニメ第3期が始まりますが、巻島としての想いは全て託しています。本作を観てくださった皆さまは、これまで暖めて頂いた“弱ペダ熱”を、3期に向けて、ここからまた燃やしていってください。」と熱いメッセージを贈った。

また、柿原徹也さんは「ここまで熱い作品に巡り合えることはめったにありません。この作品に出演することができて、さらにこんなに長い間続けることができるのは、ファンの皆さんの応援のおかげだと思っています。『弱虫ペダル SPARE BIKE』も3期も楽しみに待っていてください!」とファンへの感謝の言葉が贈られた。

「弱虫ペダル SPARE BIKE」は、「弱虫ペダル」本編の連載開始時に3年生だったキャラクターたちの知られざる過去のドラマを描く、原作者・渡辺航さん自らが手掛ける人気スピンオフシリーズ。「別冊少年チャンピオン」にて連載中で、コミックスは2巻まで発売されている。

今回アニメ「SPARE BIKE」として映像化されるのは、総北高校の巻島裕介編と箱根学園の東堂尽八編の2編。巻島編では彼が高校1年生時に総北自転車競技部に入部した当時のドラマが、東堂編では彼がロードバイクと出会う中学2年生当時の秘話が描かれる。さらに、コミカルなスピンオフシリーズ「弱虫ペダル スペアバイク それいけアラキタくん」もおまけパートとして上映される。

巻島裕介役を森久保祥太郎さん、寒咲通司役を諏訪部順一さん、金城真護役を安元洋貴さん、田所迅役を伊藤健太郎さん、小野田坂道役を山下大輝さん、今泉俊輔役を鳥海浩輔さん、鳴子章吉役を福島潤さん、寒咲幹役を諏訪彩花さん、東堂尽八役を柿原徹也さん、福富寿一役を前野智昭さん、荒北靖友役を吉野裕行さん、新開隼人役を日野聡さん、泉田塔一郎役を阿部敦さん、真波山岳役を代永翼さん、糸川修作役を阪口大助さん、皆水役を伊瀬茉莉也さんが演じる。

■「弱虫ペダル SPARE BIKE 巻島裕介」ストーリー
春、総北高校に入学した巻島裕介。これまでたった一人で走ってきた彼は総北の自転車競技部に入部することで、自らの自由な走りで周囲から認められ、広い世界に羽ばたくことができる、と胸を躍らせていた。しかし、彼の独特なダンシング走法は、部の先輩たちから嘲笑され、走り方を直すように言われてしまう。「自転車は自由だ」と信じていた巻島は……。

■「弱虫ペダル SPARE BIKE 東堂尽八」ストーリー
オシャレなことがモットーの中学二年生・東堂尽八は、箱根の街に生まれ育った、老舗温泉旅館の嫡男。ある日、ロードバイクに乗る友人・糸川修作から自転車レースに誘われるも、ヘルメットで髪が乱れる理由から拒否。しかし試しに2人で競うように箱根の山を走ってみると、東堂の心の中に1つの衝動が生まれ――。


■『弱虫ペダル SPARE BIKE(スペアバイク)』
2016年9月9日(金)より特別上映<2週間限定>
配給:東宝映像事業部
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルSB製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年11月28日(日)

2021年11月27日(土)

2021年11月26日(金)

2021年11月25日(木)

2021年11月24日(水)