■ 「orange」のメインキャスト陣による最終回アフレコレポートが到着

高野苺さんが「月刊アクション」で連載していた青春SFコミックを原作に、現在放送中のTVアニメ「orange」の最終回アフレコレポートが到着した。


花澤香菜(高宮菜穂役)さんオフィシャルコメント
菜穂ちゃんを通して、大事な人がいることの心強さを改めて実感しました。彼女達と一緒にかけがえのない濃密な時間を過ごすことができて、本当に幸せです。そしてここまで見守ってくださった皆様、ありがとうございました。色んな想いがしっかり詰まった最終回を、ぜひ観てください!!

山下誠一郎(成瀬翔役)さんオフィシャルコメント
最終回の収録直後は、とにかく走りきった…!という感覚です。限られた時間の中でどれだけ準備できるかということももちろんでしたが、それ以上に現場で出た演技……「会話」から生まれたものがいかに大切かということを学べたと思います。「orange」の6人がこのキャストで本当に良かったと思っています……本当に助けて頂きました。アニメを見てくださった方が、何かしらでも想いを持っていただければ幸いです。ありがとうございました!

古川慎(須和弘人役)さんオフィシャルコメント
最終回を終えて、ふと最初の頃を振り返ると、本当にキャスト・スタッフ一同で一つひとつ積み上げてきた物語だなぁと改めて実感します。それはもちろん高野先生の素敵な原作ありきのことなのですが、その物語の一欠片に須和弘人役として携わることができて本当に幸せでした。

高森奈津美(村坂あずさ役)さんオフィシャルコメント
全力で走りきったなぁ、という気持ちがまず一番にきます。この現場が本当に大好きで、毎回キャストの皆さんと色々なことを話して、考えて、作品を作り上げていくのがとても楽しかったです。大人になってこのような青春を味わうことができて本当に幸せでした。ありがとうございました!

衣川里佳(茅野貴子役)さんオフィシャルコメント
本当に楽しい現場だったので13話がアッという間に感じました。ビシッとしたカタイ空気ではなく、緊張感がありながらも、とても楽しい雰囲気で収録を進められて、私にとってかけがえのない経験をさせて頂いたと思っています。寂しい気持ちもありますが、無事に収録を終えることができて良かったです。ありがとうございました!

興津和幸(萩田朔役)さんオフィシャルコメント
楽しかった青春があっという間に終わってしまいました。毎週毎週、楽しかったりイライラしたりキュンキュンしたりしたけれど、最後は素敵な思い出となりました。色んなことがあるけれど、それでこそ青春。いつかどこかで幸せな時はやってくるのでしょう。悔いを残さないよう精一杯生きようと改めて思いました! うわぁ、真面目なこと書いちゃった!!

「orange」は、長野県松本市を舞台に「自ら命を絶ってしまう友だちを救ってほしい」という10年後の自分から手紙が届いた16歳の主人公・高宮菜穂が、自分や未来を変えるために行動していく物語が描かれている。

高校生の恋愛模様をみずみずしく描く恋愛コミックスの王道要素を抱えつつ、未来の自分から届く手紙をもとに物語が展開されるというSF要素や、想いを果たせなかった10年後の世界と現在世界の話が交互に進行していく切ないストーリーテリングが大きな反響を呼び、累計発行部数は全5巻で400万部を超えている。

他人の幸せを優先してしまうような控えめな性格で、始業式に転校してきた成瀬翔に恋をする主人公・高宮菜穂役を花澤香菜さん、菜穂のクラスメイトでグループの中でのムードメーカー的存在の村坂あずさ役を高森奈津美さん、同じく菜穂のクラスメイトで仲間想いの姉御肌な存在な茅野貴子役を新人の衣川里佳さん、主人公・菜穂が恋をしてしまう相手であり、あることが原因で心に闇を抱える東京からの転校生・成瀬翔役を山下誠一郎さん、菜穂のクラスメイトで菜穂のことを一途に想う一方で、菜穂と翔の恋を応援する須和弘人役を古川慎さん、つかみどころのない性格でありながら時に場を和ますお笑い好きのクラスメイト・萩田朔役を興津和幸さん、高校3年生で学校ではマドンナ的存在の上田先輩(上田莉緒)役を佐倉綾音さんが演じている。

(C)高野苺・双葉社/orange製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年7月14日(火)

2020年7月13日(月)

2020年7月12日(日)

2020年7月11日(土)

2020年7月10日(金)

予約受付中の人気作品