■ その後を描いた映画「orange -未来-」の本編場面カットが到着

TVアニメ「orange」の劇場版アニメとして、11月18日(金)より2週間限定で上映される「orange -未来-」の本編場面カットが到着した。

夫婦の会話をしている26歳の菜穂と須和や、手紙を書いている須和、さらには海に浮かぶ瓶に入った手紙など、これまでの物語で描かれなかったシーンが明らかに。その手紙を受け取り思い悩む16歳の須和や、菜穂と翔を見守り続ける彼の心境、須和視点で描かれる物語が徐々に紐解かれていく。あずさ、貴子、萩田のorangeの大切な仲間のシーンも登場する。

映画「orange -未来-」は、菜穂に想いを寄せながらも友人・翔との恋愛を応援し続ける須和の視点から描かれる物語。原作者・高野苺さん描き下ろしの新作エピソードとTVアニメの名シーンを重ねて紡ぐ、原作でも、これまでの映像化でも決して触れられなかった“物語のその後”が描かれる。

「orange」は、長野県松本市を舞台に「自ら命を絶ってしまう友だちを救ってほしい」という10年後の自分から手紙が届いた16歳の主人公・高宮菜穂が、自分や未来を変えるために行動していく物語が描かれている。

始業式に転校してきた成瀬翔に恋をする主人公・高宮菜穂役を花澤香菜さん、ムードメーカー的存在の村坂あずさ役を高森奈津美さん、仲間想いの姉御肌な存在な茅野貴子役を新人の衣川里佳さん、あることが原因で心に闇を抱える東京からの転校生・成瀬翔役を山下誠一郎さん、菜穂のことを一途に想う一方で、菜穂と翔の恋を応援する須和弘人役を古川慎さん、つかみどころのない性格でありながら時に場を和ますお笑い好きのクラスメイト・萩田朔役を興津和幸さんが演じている。














■『orange -未来-』
11月18日(金)<2週間限定>全国公開
配給:東宝映像事業部
(C)高野苺・双葉社/orange製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年7月11日(土)

2020年7月10日(金)

2020年7月9日(木)

2020年7月8日(水)

2020年7月7日(火)

予約受付中の人気作品