■ 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV」の大ヒット舞台挨拶レポート

11月19日から全国15の映画館でイベント上映されている「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」の大ヒット舞台挨拶が11月27日にTOHOシネマズ日本橋で行われ、シャア・アズナブル役の池田秀一さん、ララァ・スン役の早見沙織さん、アムロ・レイ役の古谷徹さん、フラウ・ボゥ役の福園美里さんが登壇。「シャア・セイラ編」の完結を迎える「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」で、ついにシャアとアムロの夢の共演が実現した。


シャアとアムロが揃って
古谷徹さん:10年ぶりですね。(アムロの声で)こんなに嬉しいことはない! 僕は第2話と第3話も出ていましたが、セリフが少なくて舞台挨拶はありませんでしたから。しかもエンディング後とかにでてきたりしていましたからね(笑)。

池田秀一さん:僕はしっかり第2話、第3話の時には「エンディング後も帰らないでね」って言っていましたよ!

古谷徹さん:ありがとうございます! 今回は初めて舞台に立てたので、本当に嬉しいです。しかも劇中のセリフも25言も喋れましたよ(笑)。

まわりの反響は?
早見沙織さん:全上映館舞台挨拶キャンペーンで行った、どの会場も本当に愛情がひしひしと伝わって来て、会場で配られるララァの色紙を7枚持っている方や、一枚を大事そうに抱えているような方がいて、それぞれの愛情を感じますね。凄く嬉しい気持ちになりました。

衣装について
早見沙織さん:ララァはエメラルドの瞳と言うことで、うちの祖母から伝わる指輪があって、少し瞳の色を意識してみました。初めて代々伝わるものを家からもってきて、そしたら母が「これはもうあなたの指輪だよ」と言ってくれて、凄く素敵な気持ちで今日を迎えることができました。

福圓美里さん:今回は映画ではまだ、着てないですが、私も「フラウ・ボゥ」カラーのピンクで来ました。

古谷徹さん:僕もガンダムカラーですよ! このスカーフはシールドとアンテナです。池田さんもいつも赤を入れていますよね!

池田秀一さん:どっかに必ず入れていますね。

今回初めてファンの皆さんの前に立ってみて
福圓美里さん:やはりフラウ・ボゥ役の、と言われると、震えますね。なんか実家に帰ってきた感じです(笑) 今回からお世話になります!

古谷徹さん:そうですよね。だってみなさん37年越しのファンですからね。

収録して
古谷徹さん:もう37年前のファーストガンダムの時もそうでしたが、スタジオの奥の方に僕を含むホワイトベースのクルー役の方たちが座っていまして、スタジオのドアの所に、池田さんとジオン軍の皆さんが座っていらして、そして亡くなってしまいましたけど、ナレーションの永井一郎さんが中立の立場としていらっしゃいるパターンが出来ていましたが、今回もそうでしたね(笑)。

池田秀一さん:暗黙のうちにそうなりましたね。今回はカイ役の古川登志夫さんがいらして、「どこに座ろうかな」って言っていたので、「連邦は向こう」って言ってしまいましたね(笑)。

早見沙織さん:収録現場に入った瞬間に、池田さんがそっと手を差し出して「池田です」とおっしゃってくださって、その時に、心をわしづかみにされる気持ちってこうゆう感じなのかと思いましたね。

古谷徹さん:そこに騙されちゃいけないよ(笑)。シャアはそうゆうやつだからね!

福圓美里さん:視聴者としてガンダムを見ていた時にもうアムロはフラウ・ボゥを好きにはならないとあきらめていたんですけど、最初に古谷さんと現場でご挨拶した時に、フラウって呼ばれて、なんだフラウもちゃんとアムロに好かれていたんだと、勝手に妄想ですけど思ってしまいましたね(笑)。

古谷徹さん:好きですよ! マチルダさんに会う前は…(笑)。

ルウム編について
  池田秀一さん:ルウム編ではもっともっと赤くなっていきます。作画の方も進んでいますし、これまでの作品に負けないものになると思うので、ご期待ください。

古谷徹さん:まずはこの第4話で台詞が増えましたので、どんどんセリフが増えていくことを期待しています。あとは、もうシャアがザクに乗って軍服着ているじゃないですか、ついに来たなと思いますね。一ファンとして期待してしまいますね。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインとアニメーションディレクターを手掛けた安彦良和さんが「ガンダムエース」で連載していた漫画が原作。ファーストガンダムを新たな形で描いた作品で、第4話「運命の前夜」では、ジオン公国が地球連邦政府に独立戦争を挑み、人類の総人口の半分を死に至らしめた動乱の時代が始まる物語が展開されている。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月10日(火)

2019年12月9日(月)

2019年12月7日(土)

2019年12月6日(金)

2019年12月5日(木)

予約受付中の人気作品