■ 「刃牙」シリーズのアニメ化が決定、TVシリーズ「バキ」として放送

コミックス全123巻、累計発行部数6300万部の人気を誇る、板垣恵介さん原作による大人気格闘マンガ「刃牙」シリーズのアニメ化が決定し、TVシリーズ「バキ」として放送されることが決定した。

「刃牙」シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙と素手で軍隊を壊滅に追い込む“地上最強の生物”と呼ばれる父・範馬勇次郎との壮絶な親子喧嘩を軸に、さまざまな格闘士たちの闘いを描いた大人気格闘漫画となっている。

1991年に「グラップラー刃牙」として産声をあげて以来、数々の著名人・格闘家たちを魅了してきた。バラエティ番組では“グラップラー刃牙芸人”が誕生するほど社会現象化し、強さを求め続ける男たちにとっての「バイブル」と言っても過言ではない。

新しいTVシリーズは、2001年にアニメ化された「グラップラー刃牙」の続編である第2部「バキ」の「最凶死刑囚編」から展開。あの最凶死刑囚たちと刃牙、闘技場戦士たちとの闘いが描かれる。

放送に先駆け、新ビジュアルも解禁。原作者・板垣恵介さんと幾度も構図の確認をし合い、さらに強くなった主人公・範馬刃牙を表現した珠玉のショット画で、アニメ化で一歩先へ進むという意味が込められている。

(C)板垣恵介(週刊少年チャンピオン)/バキ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年7月6日(月)

2020年7月5日(日)

2020年7月4日(土)

2020年7月3日(金)

2020年7月2日(木)

予約受付中の人気作品