■ 津田健次郎が監督を務めた「AD-LIVE 2016」の特番がオンエア

2016年9月~10月に開催され、計7万人(ライブビューイング含む)を動員した声優アドリブ舞台劇「AD-LIVE 2016」に完全密着したドキュメンタリー特番「MATSU-LIVE(マツリブ) -Documentary of AD-LIVE 2016-」が、1月にTOKYO MX、MBS、BS11にて放送されることが決定した。

●TOKYO MX 1月22日(日) 19:00~
●MBS 1月22日(日) 25:35~
●BS11 1月25日(水) 25:00~

深夜に及ぶ制作ミーティング、ステージに立つ直前の出演者の表情や想いなど、この番組だからこそ撮ることができた舞台裏の様子を伝える。そんな舞台裏にカメラを廻し、この番組で映像作品初監督を務めたのは、役者・声優として活躍する津田健次郎さん。「AD-LIVE」という祝祭の裏で紡がれた、もうひとつの「AD-LIV」が堪能できる。

鈴村健一さんが総合プロデュースを務める「AD-LIVE(アドリブ)」は、大まかな世界観と、舞台上で起こるいくつかの出来事が決められているだけで、出演者のキャラクター(役)も、セリフも、すべてアドリブで紡がれる舞台劇。お互いのキャラクターは、舞台上で初めて知ることになる。どう紡がれるのか、何が生まれるのかわからないアドリブ要素と、予め決まっているいくつかの出来事の化学反応により、その日その瞬間に、その場だけの感動と衝撃のドラマが生まれる。

「AD-LIVE 2016」には、鈴村健一さん、寺島拓篤さん、小野賢章さん、森久保祥太郎さん、梶裕貴さん、堀内賢雄さん、中村悠一さん、福山潤さん、釘宮理恵さん、高垣彩陽さん、浅沼晋太郎さん、下野紘さんが出演した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年2月20日(月)

2017年2月19日(日)

2017年2月18日(土)

今日予約開始の商品