■ 「アトム ザ・ビギニング」の天才科学者役に中村悠一、寺島拓篤

2017年春からNHK総合テレビで放送されるTVアニメ「アトム ザ・ビギニング」のキャスト情報第1弾が発表された。

のちに鉄腕アトムを開発することになる若き天馬午太郎役を中村悠一さんが、同じくのちに鉄腕アトムの保護者「お茶の水博士」となるお茶の水博志役を寺島拓篤さん、物語のキーとなる2人が生み出したロボットのA106役を井上雄貴さんが演じる。

天馬午太郎 CV.中村悠一
練馬大学の第7研究室でロボット研究を行う大学院生。自分の発想と技術には絶対的な自信を持つ天才肌、その態度は時に傲慢にも見えるほどだ。ただ、お茶の水とはなぜか馬が合い、共同で研究を行っている。なにかあると、お茶の水とお互いの鼻をつまみ合って心を通わせている。
中村悠一さんコメント
『鉄腕アトム』、作品を見たことはなくとも一度は名前を聞いたことがあるタイトル。僕自身も原作漫画やアニメを観ていた世代ではないのですが、アトムの容姿は当然頭に浮かびます。そのアトムが生まれる前のお話、想像するだけでもワクワクしてきませんか? 2017年の大仕事の一つとして精一杯演じさせて頂きます。楽しみです。

お茶の水博志 CV.寺島拓篤
天馬と同じく大学院生として練馬大学の第7研究室でロボット研究を行っている。優しく親しみやすい性格で、マイペースで時に暴走しがちな午太郎をいつもフォローしている。天然パーマと特徴的な丸い鼻がトレードマークだが、どうも女性にはその印象は薄いようだ。
寺島拓篤さんコメント
あのお茶の水博士の声を自分が担当することになるなんていまだに信じられません! 若き日の科学を愛し未来を夢見る、エネルギーにあふれた博志を、精一杯演じたいです。原作の方も、単行本が出るたびにワクワクしながら読ませていただいていました。アニメという形でもっとたくさんの人にワクワクしてもらえるよう、1パーツとして頑張ります!

A106(エーテンシックス) CV.井上雄貴
天馬とお茶の水が生み出したロボットで、2人が開発しているA10シリーズの6号機。第7研究室の研究テーマである「ベヴストザイン・システム」を搭載している。ベヴストザインとはドイツ語で自我。自我を与えることが自律行動に繋がるという考えで開発・改良が重ねられている。
井上雄貴さんコメント
この度A106を演じさせて頂くこととなりました、井上雄貴です。決定の知らせを聞いた時は本当に嬉しかったです。シックス=後の鉄腕アトムだと明言されている訳ではありませんが、鉄腕アトムの誕生に間違いなく繋がって行くであろうシックスという役。この大役をまだ声優経験も浅い自分が任されたということ。とにかく真摯に向き合って挑戦して行きたいと思います。より良い作品を皆様にお届け出来ますように頑張ります!


「アトム ザ・ビギニング」は、手塚治虫が描いた永遠のヒーロー・鉄腕アトムの誕生までの物語を、「機動警察パトレイバー」のゆうきまさみさんと「RIDEBACK」のカサハラテツローさんがタッグを組み、全く新しい構想でコミカライズした「月刊ヒーローズ」で連載中の漫画が原作。アニメ化にあたっては、「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS サイコパス」の本広克行総監督の下、「モーレツ宇宙海賊」の佐藤竜雄さんが監督を務め、「BLOOD+」の藤咲淳一さんがシリーズ構成を担当する。

■「アトム ザ・ビギニング」作品概要
大災害後の日本に、未来を夢見るふたりの天才がいた。ひとりは天馬午太郎。もうひとりはお茶の水博志。天馬はその手で「神」を作り出すことを、お茶の水はその手で「友」を作り出すことを夢見て、日夜ロボット研究に明け暮れていた。そしてふたりの友情が生み出した1体のロボット、A106(エーテンシックス)。A106は果たして「神」となるのか「友」となるのか。若き天才コンビは、来るべき未来を垣間見る――。


(C)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO'S/アトム ザ・ビギニング製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年8月23日(水)

2017年8月22日(火)

2017年8月21日(月)

今日予約開始の商品