■ 「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」初日舞台挨拶。後篇は8月に

2月4日から2週間限定にて公開された「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」の初日舞台挨拶に羽鳥チセ役の種﨑敦美さん、エリアス役の竹内良太さん、長沼範裕監督が登壇した。さらにエリアスとシルキーのコスプレも登場し会場を沸かせた。また、「魔法使いの嫁 星待つひと:後篇」が2017年8月19日に公開されることも報告された。


種﨑敦美(羽鳥チセ役)さん
(エリアス・シルキーに)ずっと見ていたいです。美しい?!!
前篇から半年、意外と長かったな~と。大きいスクリーンで見て欲しいとずっと思っていたので、今日を迎えられて嬉しいです。
アフレコを経て、「魔法使いの嫁」に関わる言葉のひとつひとつが染み込んで来る感覚があります。原作1ページ目がより濃くわかるようになってきました。後篇ではミウラさんの記憶もでてきたり、<君という星を、僕は待っていた。>というコピーが染みてきます…是非後編も楽しみにしていてください。動きも物もセリフも全て考えて散りばめられているので、毎回違う発見ができるかとおもいます。早く…観たい!
(ラジオに関して)作品の雰囲気にとらわれずに、皆さんと楽しくやっていこうと思います。一回聞いてみてください!


■竹内良太(エリアス役)さん
(エリアス・シルキーに)紳士!ご無沙汰しております。光栄です。シルキーは初来日ですもんね。
大きなスクリーンで見ると微妙な色使いですとか、音の綺麗さが、更にわかりますよね。エリアスに出会う前のチセのお話なので、お話をしっかり聞くように演じました。チセは胸が締め付けられるようなシーンもたくさんあるんですが、そういうことがあったから今のシルキーやルツとの生活があるんだなと思います。今回モブでも出演させていただきましたが、思ったより目立ってましたね(笑)
中篇はストーリー展開が早くて、すごく気になるところで終わったので、後篇が楽しみです!後篇はシルキーやルツ、エリアスも出てきますので、チセが物語を話し終えた後の比較を楽しんでいただきたいなと思います。前篇と後篇では雰囲気とか感じ方が違うんじゃないかと思います。


■長沼範裕監督
アフレコ前に竹内さんから「中篇は僕、出番あるんですかね」と聞かれましたね。今回エリアス以外にモブ役で出演いただいたんですが、あまりにもいい声すぎて目立っていましたね(笑) 竹内さんは、エリアスになってきていると感じました。種崎さんは安定していますね。安心して聞いていられます。
中篇は、狭い世界の中でもいろんな世界が広がっている図書館を表現しました。ミウラとチセとの濃密な芝居や、より重厚に作られた音楽とともに物語が進んでいくので、原作好きな方も楽しんでいただけると思います。物語の続きが気になるところで終わっているので、是非後篇もスクリーンで観ていただきたいです。後篇はエリアス、ルツ、シルキーも出ているので安心してください!

■「魔法使いの嫁 星待つひと」とは
「魔法使いの嫁 星待つひと」は、ヤマザキコレさんが「月刊コミックガーデン」に連載中の正道ファンタジー漫画「魔法使いの嫁」を完全オリジナルアニメ化しているもの。イギリスを舞台に人間ならざる異形の魔法使い・エリアスの元で、少女・羽鳥チセが魔法使いの弟子、そして未来のお嫁さん候補として暮らし始める物語が描かれており、主人公の羽鳥チセ役を種﨑敦美さん、エリアス役を竹内良太さん、ルツ役を内山昂輝さん、シルキー役を遠藤綾さん、アンジェリカ役を甲斐田裕子さん、ヒューゴ役を久野美咲さん、三浦理一役を櫻井孝宏さんが演じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年5月22日(月)

2017年5月21日(日)

2017年5月20日(土)

今日予約開始の商品