■ 「ビブリア古書堂の事件手帖」が実写&アニメでダブル映画化決定

2月25日に発売される第7巻「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」でシリーズ完結となる三上延先生の「ビブリア古書堂の事件手帖」の、実写およびアニメでのダブル映画化が決定した。


「ビブリア古書堂の事件手帖」は、鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」のうら若き美貌の店主・篠川栞子(しのかわ・しおりこ)と、本が読めない無骨な青年・五浦大輔(ごうら・だいすけ)が、奇妙な客が持ち込む古書の謎と秘密を解き明かしていくビブリオミステリです。夏目漱石「それから」や太宰治「晩年」など実在の名作が登場し、古書に関する薀蓄や背景にある人間ドラマを丁寧な筆致で綴っている。2011年3月にシリーズ第1巻が発行され、シリーズ累計発行部数は640万部を突破している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年8月12日(金)

2022年8月11日(木)

2022年8月10日(水)

2022年8月9日(火)

2022年8月8日(月)