■ ゆうきまさみインタビュー「若き日の天馬とお茶の水博士の関係性」

2017年春よりNHK総合テレビで放送されるTVアニメ「アトム ザ・ビギニング」でコンセプトワークスを担当したゆうきまさみ先生のインタビュー。「アトム ザ・ビギニング」の魅力の1つである天馬午太郎とお茶の水博志の若き2人の天才たちの関係性などについて語られている。


『アトム・ザ・ビギニング』に参加した経緯を教えてください。
手塚眞さんから連絡をいただいたのが最初です。手塚眞さんは、『究極超人あ~る』がお好きだということで、以前対談をしてから交流がありまして。お会いして、『鉄腕アトム』の前日談を新たに作るということでアイデア出しをしました。そのころはまだ誰がマンガを描くかは決まってなかったですね。

ゆうき先生は、もともとコンセプトのみということだったんですか。
はい。僕は今、週刊で『白暮のクロニクル』(「ビッグコミックスピリッツ」小学館)を連載していますから、マンガを描く余裕はなく、アイデアを出すくらいであればできますよ、と。ただその時点では、描く人は新人さんになる可能性もあって、もしそうなったら、それなりのバックアップは必要かなとは考えていました。

オリジナルの『鉄腕アトム』についてはどんな印象を持っていましたか。
『アトム』を連載していた「少年」(光文社)の読者でしたから、子供のころから体に染みついている作品ですね。僕自身は、『鉄人28号』派ではあったんですが(笑)。当時は『アトム』も同時に読んでいて、カッパコミックス(光文社)も読んでいました。そうでなければ『究極超人あ~る』で、「あ~るがお化け屋敷に売られていた」なんていう『アトム』ネタを入れたりはしません(笑)。アンドロイドマンガを描くなら、やはりそこは避けて通れないだろうと。

『鉄腕アトム』で印象的だったエピソードなど覚えていますか?
子供の頃読んだマンガは、やっぱり絵を鮮明に覚えているんですよね。今言われてパッと思いついたのは、巨大化したカタツムリのゲルニカ(「ゲルニカの巻」)とか「植物人間の巻」とかですね。『アトム』って、いい意味でちょっとグロテスクな雰囲気があるので、子供心に印象に残ったのかな。あとアトムと対峙するゲストのロボットたちがよかったですね。アトム本体は、優等生的なんだけれど、毎回のゲストのロボット側がデザインもドラマも印象的で、そこが原作の『アトム』の魅力なんだと思います。

『アトム・ザ・ビギニング』のアイデアを出すにあたって、そういう原作のイメージは意識しましたか?
うーん、そういうのは作家自身から出てくるものなんですよね。僕の中には、ああいうちょっとグロテスクなイメージというのはない。だから、自分がアイデアを出す取っ掛かりとしてはやはり天馬とお茶の水の関係性になるだろうと思いました。

そこがスタート地点なんですね。
若いころの二人ですから、一緒にロボット開発をしている仲間というのが自然な流れだろうし、その2人のキャラクター像がしっかり描ければ、前日談としてはうまくいくだろうと。僕が考えるに、天馬って天才なんだけれど、お茶の水がいないとダメなんですよ。それはお茶の水が世話を焼いているとかそういうことではないんです。天馬がアイデアメーカーとしては抜群なのに対して、お茶の水は、「天馬がやろうとしていることの意味」を察する力が高いんです。天馬は「0を1にする」ことはできる。でも、その1の意味をちゃんと理解して、よりよい形にするのはお茶の水のほうが上。ただお茶の水の中から、天馬のような天才的なアイデアが出てくるわけではない。だから天馬はきっとお茶の水にコンプレックスをもっているんじゃないか……そんなことを考えました。


▲自らを天才科学者と称する天馬(左)と彼と共にロボット研究をするお茶の水。ちなみに天馬は通常の5年分も飛び級して大学の研究生になっている

ロボットが登場することは考えていましたか?
いえ、僕のアイデアの段階ではもっと2人の学生生活にフォーカスした内容を考えていました。たとえばお茶の水の好きな子を天馬が取っちゃうとか(笑)。だから、A106のようなロボットがメインで登場するということは想定していませんでしたね。「最終回にこんな感じのアトムが登場すればいいんじゃないか」というイメージで、アトムのラフをちょっと描いたぐらいでした。

最終的に、マンガはカサハラテツロー先生が担当されることになりましたね。
カサハラ先生ぐらい描ける人がマンガを担当されるなら、こちらはもう何もいうことがないですよね。なので、第1話のネームを見せていただいて、後はもう見守るだけです(笑)。僕が描いていたらもっと学生生活ばっかりのかわいい話になっていたかもしれませんね。毎回楽しませていただいています。


▲作中では学生の天馬とお茶の水がロボット研究開発費をアルバイトで稼ぐ話も登場する

アニメに期待するところを教えてください。
ゆうき オリジナルエピソードが入ると聞いているので、そこは期待したいところです。原作にない部分で、天馬やお茶の水といったキャラクターがどのように描かれるのか楽しみにしています。


「アトム ザ・ビギニング」は、手塚治虫が描いた永遠のヒーロー・鉄腕アトムの誕生までの物語を、「機動警察パトレイバー」のゆうきまさみさんと「RIDEBACK」のカサハラテツローさんがタッグを組み、全く新しい構想でコミカライズした「月刊ヒーローズ」で連載中の漫画が原作。アニメ化にあたっては、「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS サイコパス」の本広克行総監督の下、「モーレツ宇宙海賊」の佐藤竜雄さんが監督を務め、「BLOOD+」の藤咲淳一さんがシリーズ構成を担当する。

■「アトム ザ・ビギニング」作品概要
大災害後の日本に、未来を夢見るふたりの天才がいた。ひとりは天馬午太郎。もうひとりはお茶の水博志。天馬はその手で「神」を作り出すことを、お茶の水はその手で「友」を作り出すことを夢見て、日夜ロボット研究に明け暮れていた。そしてふたりの友情が生み出した1体のロボット、A106(エーテンシックス)。A106は果たして「神」となるのか「友」となるのか。若き天才コンビは、来るべき未来を垣間見る――。


(C)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO'S/アトム ザ・ビギニング製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年2月25日(土)

2017年2月24日(金)

2017年2月23日(木)

今日予約開始の商品