■ 天才神父コンビの事件簿「バチカン奇跡調査官」が'夏アニメに

角川ホラー文庫にて刊行中のゴシックミステリー小説「バチカン奇跡調査官」(著:藤木稟 イラスト:THORES柴本)が2017年夏よりTVアニメ化されることが決まり、ティザービジュアルおよびスタッフ・制作スタジオの情報が発表された。監督は米たにヨシトモ氏、シリーズ構成は水上清資氏、キャラクターデザインを岩倉和憲が担当する。アニメーション制作はJ.C.STAFFが行う。


天才神父コンビが世界中の謎を解き明かすという内容の原作小説はシリーズ累計100万部突破しており、最新刊は2月25日に発売となる。「月刊コミックジーン」でコミック化もされており、2月27日には第1巻が発売される。


原作者の藤木稟氏はアニメが決定したことを受け、「藤木稟の小説をアニメに、というご提案は何度かささやかに囁かれてきたのですが、やはりなかなか具体化はせず。今回のアニメ化企画のお話も、一寸未だに信じられないでいます。本当なのだろうか(本当らしい)。アニメになって喋って動く平賀とロベルト達を見るのがドキドキ楽しみです。小説の方も宜しくお願いします」とコメントしている。

■TVアニメ「バチカン奇跡調査官」イントロダクション
偽りを見破り、まやかしを退け、神の奇跡にたどりつく。
それが私たち、奇跡調査官の務め―
天才科学者の平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。
二人は良き相棒にして、バチカン所属の 『奇跡調査官』──世界中から寄せられる奇跡の真偽を調査し判別する、秘密調査官だ。
調査に訪れた先で出会う不思議な出来事―浮かび上がる聖痕、涙を流すマリア像。奇跡の真偽を見定める中に、突如起こった奇怪な事件――
天才神父コンビの事件簿、開幕。

(C)2017 藤木稟・THORES 柴本/KADOKAWA/「バチカン奇跡調査官」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月7日(土)

2019年12月6日(金)

2019年12月5日(木)

2019年12月4日(水)

2019年12月3日(火)

予約受付中の人気作品