■ 「鷲尾須美の章」舞台挨拶に三森すずこ、花澤香菜、花守ゆみり

3月18日に公開となる「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」<第1章>「ともだち」の公開記念舞台挨拶が18日に関東で、19日に名古屋、京都、大阪で行われる。登壇予定者は三森すずこさん、花澤香菜さん、花守ゆみりさん。


▼3月18日
新宿バルト9(8:45の回終了後/10:45の回上映前)
TOHOシネマズ日本橋(12:15の回終了後)
池袋HUMAXシネマズ(15:00の回上映前)
横浜ブルク13(16:25の回終了後)

▼3月19日
なんばパークスシネマ(9:15の回終了後)
梅田ブルク7(10:30の回終了後/12:35の回上映前)
T・ジョイ京都(15:35の回上映前)
109シネマズ名古屋(16:45の回終了後/18:50の回上映前)


3週連続週替わり入場者特典の第1弾はアニメーションキャラクターデザイン&総作画監督を務めた酒井孝裕氏描き下ろしの鷲尾須美ミニ色紙に決定し、絵柄も発表されている。

■劇場アニメ「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」のストーリー
「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」は、TVアニメ「結城友奈は勇者である」の2年前、神世紀298年の世界を描いたイラストノベル「鷲尾須美は勇者である」をベースに、岸誠二さん、上江洲誠さん、タカヒロさん、スタジオ五組をはじめとするメインスタッフが再集結して贈る完全新作。先代の勇者たちに託された使命と勇気、そして秘密の物語が描かれる。

鷲尾須美は小学六年にして神樹によって選ばれた世界を守る勇者である。同級生の乃木園子、三ノ輪銀と一緒に「お役目」をこなすことになるが、この2人は天然だったり元気良すぎたりと問題児の雰囲気。須美は精一杯、役目を頑張ろうとするが――。

先代の3人の勇者の1人で、真面目で責任感があり、こうと決めたら曲げない性格の鷲尾須美役を三森すずこさん、日常はふんわりほんわかしておりどこか頼りないが、ここぞという時の発想力と爆発力には定評がある3人のリーダーの乃木園子役を花澤香菜さん、元気いっぱいの火の玉ガールで、運が悪くしょっちゅうトラブルに出くわしているがめげない三ノ輪銀役を花守ゆみりさん、大赦の人間で、勇者をサポートするため、神樹館で須美たちの担任教師をしている安芸先生役を佐藤利奈さんが演じる。

(C)2017 Project 2H
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年1月20日(木)

2022年1月19日(水)

2022年1月18日(火)

2022年1月17日(月)

2022年1月16日(日)