■ 「サクラダリセット」先行上映会での石川界人、花澤香菜、悠木碧

2017年4月5日より放送開始となるTVアニメ「サクラダリセット」の先行上映会が3月7日、東京の新宿バルト9で開催された。舞台挨拶では、浅井ケイ役の石川界人さん、春埼美空役の花澤香菜さん、相麻菫役の悠木碧さんと、川面真也監督が登壇し、本作への想いや見どころなどが語られた。


悠木碧さんは、相麻役を演じて「ケイが主旋律を奏でながら、皆で合奏しながらお芝居をしている」ような作品という印象を持ったという。キャラクターは、それぞれ単体では有用でない能力をもつ者が多く、例を挙げると、春埼の能力のリセットは3日間戻れる能力であるが、使用者も3日分の記憶を失う能力である。そこに、ケイの持つ記憶保持能力を組み合わせることで、物語が進んでいく。

キャスト陣が、ぞれぞれの演じるキャラクターについて語るパートでは、演じる上で考えていることや、キャラクターの魅力について大いに語った。

花澤香菜さんからは、自身が演じる春埼について、「ロボットのように感情を消している女の子であるが、ケイと出会ってから気持ちが見えてくるようになっていくキャラクターだ」と語った。

川面真也監督は、「キャラクターたちのピュアさを出しつつも、それを直接的な形では見せないように奥深さや意外性をつけて演出している」語った。本作が連続2クールで放送されることに関して、「原作が完結している作品なので、2クールで最後までキッチリと表現しきることを覚悟して作業を始めた」という。

石川界人さんからは、収録現場の雰囲気についての裏話が語られた。「ワイワイとした雰囲気ではなく、盛り上がるときは盛り上がりつつも、それぞれが真剣に作品のことを考えながら演技に入っていくという現場となっている」そうだ。

■TVアニメ「サクラダリセット」のストーリー
「サクラダリセット」は、能力者の集まった街・咲良田を舞台に、純粋なまでに他人の幸せを願い、時にその目的のためなら手段を選ばない浅井ケイと、彼のことを一途に慕う極めて特殊な力を持った春埼美空が、かつて能力が原因で亡くなってしまった相麻菫を取り戻すため、2人で力を合わせて時を駆け巡っていく物語が描かれる。


「記憶保持」の能力を持つ主人公・浅井ケイ役を石川界人さん、世界を最大3日間巻き戻せる「リセット」の能力を持つ春埼美空役を花澤香菜さん、ケイと春埼の同級生で2年前に亡くなってしまった相麻菫役を悠木碧さん、ケイや春埼のクラスメイトで、時間と場所を越えて特定の人物に声を届ける能力を持つ中野智樹役を江口拓也さん、U研(未確認研究会)に所属している明るい性格で快活な少女の皆実未来役を山田悠希さん、芦原橋高校に通うのケイたちの1年先輩の村瀬陽香役を牧野由依さん、ケイ、春埼とは別の学校に通っている高校1年生の少女で、猫と意識を共有する能力を持つことができ、咲良田の猫の動向を把握することができる野々尾盛夏役を三澤紗千香さんが、ケイに対し憎しみと尊敬が入り混じった複雑な感情を抱く後輩、岡絵里役を相坂優歌さんが、人と会うことを嫌う非通知くんを西山宏太朗さんが、ケイや春崎と同学年の世良佐和子役は逢田梨香子が、元七坂中学校の生徒会長の上央介役を井口祐一さんが、管理局の頂点に近い立場にいる魔女役を大原さやかさんが、芦原橋高校の教師で管理局の局員の津島信太郎役を上田燿司さんが演じる。

(C)河野裕・椎名優/KADOKAWA/アニメ「サクラダリセット」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年4月29日(土)

2017年4月28日(金)

2017年4月27日(木)

今日予約開始の商品