■ 今夏「クリオネの灯り」のアニメ化決定。OP/ED主題歌はakiが担当

2007年のYahoo! JAPAN「ネットの名作!泣けるサイト特集」に選ばれ、イースト・プレスより書籍化された、ナチュラルレイン原作の「クリオネの灯り」がアニメ化され、2017年初夏にTOKYO MXほかで放送される。


クリオネの灯り」は、「いじめ」をテーマにした作品で、病気がちなうえ、両親を早くに亡くしたため金銭的にも自由がきかずにずっとイジメられっ子のレッテルを貼られていた少女、実(ミノリ)。そんな彼女の笑顔を見たいと願う方(タカシ)と杏子(キョウコ)は、ある雨の日の午後、思い切って声をかける。3人が焼きそばブラザーズとして過ごしていたある日、結局、笑顔は見られないまま、実は体調を崩し学校に来なくなってしまう。それから二ヶ月・・・方と杏子の元へ一通の不思議な携帯メールが届いた。送り主の名前もなく返信すら出来ないそのメールは、隣町の夏祭りを知らせるものだった――という物語。


このTVアニメ「クリオネの灯り」オープニング・エンディング主題歌を、元・SKEで美少女遊戯ユニット クレーンゲールギャラクシー」「ナゾトキネ」のエンディング主題歌を担当したakiさんが担当することになったと、東京・北参道にあるストロボカフェで「aki『出口陽』 生誕ワンマンライブ」で明かした。オープニング主題歌の「クリオネの灯り」はakiさんが作詞した楽曲で、原作をしっかり読み込んで詩をつづりました」とのこと。


(C)ナチュラルレイン/「クリオネの灯り」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年3月29日(水)

2017年3月28日(火)

2017年3月27日(月)

今日予約開始の商品