■ 「劇場版SAO」が世界で人気。海外動員数70万人、興行収入6億円


日本でも2月18日に全国公開され、3月14日現在で動員120万人以上、興行収入でも17億円を超える大ヒットを記録している「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」だが、北米を始め、アジアやヨーロッパでも非常に大きな反響を呼んでおり、海外における動員数は70万人以上、興行収入は6億円を突破した。


3月9日(現地時間)からは北米560館で公開がスタート。初日から4日間で興行収入135万ドルと好調な滑り出し。4月22日からは英語吹替版の上映もスタートする。オーストラリア・ニュージーランドで50館、メキシコでも90館、アジアでは台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイで2月下旬から上映されている。ヨーロッパでもドイツ、フランスでプレミアイベントが行われ、いずれもチケットは完売だった。


今度も、 インドネシア、香港、ドイツ、イギリス・アイルランド、ベトナム、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・アイスランド、フランス、イタリアでの上映が決定しており、英語吹替版だけでなく、ドイツ語吹替版、スペイン語吹替版、フランス語吹替版、イタリア語吹替版が制作される。

アニメ「ソードアート・オンライン」シリーズは、謎の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語。2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、日本国内での累計発行部数は1250万部を突破(全世界1900万部)。2度のTVアニメ化やゲーム化、コミカライズ、グッズ製作など、幅広いメディアミックス展開が行われている。

原作者・川原礫さん書き下ろし完全新作オリジナルストーリーで映画化される「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」では、AR(拡張現実)型の新端末《オーグマー》専用ARMMO RPGである次なる舞台《オーディナル・スケール》でキリトたちを待ち受ける運命の物語が展開。キリト(桐ヶ谷和人)役を松岡禎丞さん、アスナ(結城明日奈)役を戸松遥さん、ユイ役を伊藤かな恵さん、リーファ(桐ヶ谷直葉)役を竹達彩奈さん、シリカ(綾野珪子)役を日高里菜さん、リズベット(篠崎里香)役を高垣彩陽さん、シノン(朝田詩乃)役を沢城みゆきさん、クライン(壷井遼太郎)役を平田広明さん、エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ)役を安元洋貴さん、茅場晶彦役を山寺宏一さん、ユナ役を神田沙也加さん、エイジ役を井上芳雄さん、重村役を鹿賀丈史さんが演じる。

■「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」ストーリー
2022年、天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫。その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(現実拡張)機能を最大限に広げた最先端マシン。≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することができる安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。そのキラーコンテンツは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。アスナたちもプレイするそのゲームに、キリトも参戦しようとするが……。

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』大ヒット上映中
配給:アニプレックス 上映時間:119分
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年3月28日(火)

2017年3月27日(月)

2017年3月26日(日)

今日予約開始の商品