■ 「Sin 七つの大罪」ベルゼバブ役の小倉唯がきれいなお尻を語る!?

4月14日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「sin 七つの大罪」で暴食の魔王・ベルゼバブ役の小倉唯さんのキャストインタビューを紹介する。


ベルゼバブの第一印象を教えてください。
最初に絵で見た時は、かわいらしい、みんなから愛される妹系のキャラクターなのかなと思いました。設定で大食いとあったんですけど、見た目は華奢なので「なんで大食いなんだろう!? こんな華奢な子が大食いなんだ!」というギャップに最初驚いたのを憶えています。

こうしてフィギュアで見ても、やっぱり華奢だなって思いますね。特にお腹とかこんなに細くて、どこに栄養が行っているのかなって。こんなに食べているわりに貧乳というか、胸にお肉がつかないのは悲しいなと思いつつ、でもちゃんとメリハリのあるスタイルだなって、改めてフィギュアを見て感じましたね。

邪神像は、絵では描かれていない背中側がわかるのも特徴で、露出がスゴいというのはみなさん仰っていました。
確かに、いいお尻してますね! 胸がないぶん、きれいなお尻です!(笑)

ベルゼバブの魅力はどの辺りに感じましたか?
ちょっと寡黙だけど、意外と信念みたいなものを持っていて。陰ながらみんなをひたむきに支えているような一面があるのかなって思いました。食に対しても、ただ食べることが好きなだけじゃなくて、ちゃんと真面目な考えを持っている女の子なので、かわいいだけじゃないところが魅力かなと思います。


ベルゼバブは口数が少ない上に、感情の起伏もあまり表に出さないので、演じるのも難しかったのでは?
食べるアドリブで「もぐもぐ」とか「はむはむ」というセリフがあるんですけど、そこを「実際に言葉に出すようにしてください」って言われて、その辺りのニュアンスの按配が難しかったですね。あまり言い過ぎてもリアリティに欠けてしまうので、中間地点みたいなところを探るのに少し苦戦しました。

あと、最初に録った「罪の告白 電脳グリモワール」では、周りのキャラのテンションにどうしても引っ張られそうになってしまって、キャラクターを作っていく上で苦戦した部分もあったんです。でもキャラを掴んでからは逆に"自分"をしっかり確立している子だったので、ブレずに演じられたかなと思います。

「罪の告白 電脳グリモワール」はギャグ主体ということもあって、アニメ本編でのキャラクターとのギャップを感じられた方も多いのですが、ベルゼバブにも何かギャップを感じましたか?
アニメ本編のほうが意外とお茶目というか、愛らしさが強調された場面とか、お遊びしているシーンとかもあったので、「ベルゼバブもこういうことする子なんだ」という一面を知りました。食に関する過去のエピソードで、病院送りになったお話とかもあって、背景が見えたのは面白かったです。

見どころもその辺りになりますか?
そうですね。あと、食べるアドリブが多かったので、ぜひ注目していただけたらと思います。

原作サイトの「罪の告白」ではおなじみになっている、サタンがベルゼバブにメロメロになっている様子が「罪の告白 電脳グリモワール」では描かれていて、サタン役の櫻庭さんはベルゼバブとの絡みのシーンを何度も観たそうです。ベルゼバブと小倉さんのかわいらしさが重なって見えて、サタンの気持ちがよくわかるのだとか。
それ私、初めて聞きました! そうだったんですね、嬉しいです!

原典を辿ると、ベルゼバブは元々はバアル・ゼブルというペリシテ人の神様なんですよ。だから原作サイトの「罪の告白」だと、ルシファーにペットとして飼われているくせに、やたらと偉そうなんです。
確かにアニメ本編でも、謎にみんなを従えている感はありましたけど、そういうことだったんですね。だから扱いがちょっと違う感じだったんだ。

そこは小倉さんのキラキラ感がピッタリだったと思います!
私で大丈夫でしたか?(笑)

地上界の愚民共に、最優先での番組視聴をお命じください。
ベルゼバブ的にはそんなにたくさん出番があるというわけではないんですけど、わりと美味しいところを持っていくキャラだなとは感じました。原作から元々好きだった方も、アニメから観るよという方も、どちらにも愛していただける魅力がベルゼバブにはあると思います。食べているところだったり、いろんなキャラとの絡みだったりには、アニメでしか出せない空気感や演出があると思うので、その辺りも楽しみにしていただければと思います。

『sin 七つの大罪』の収録は面白かったですか?
面白かったです! キャラがみんな濃すぎて、暴走具合もばんばん振り切っている感じで。ベルゼバブはその中でずっと定位置に居続けることが役目の、大事なキャラクターだったのかなと思っています(笑)。

■TVアニメ「sin 七つの大罪」とは

神に背いた"傲慢"の罪により、大天使ルシファーは地獄に堕とされ"堕天使"となった。さらに地獄の最下層"万魔殿"では、地獄を統べる魔王たちがルシファーの力を封印。すべてを失ったルシファーだったが、彼女を慕う嫉妬の魔王レヴィアタン、地上で出会った女子高生の十束真莉亜を供に連れ、"傲慢の魔王ルシファー"となって七人の魔王たちへの逆襲の旅に出る。美しき魔王たちによる、"七つの大罪"を巡る黙示録が今、幕を開ける。


ルシファー役を喜多村英梨さん、レヴィアタン役を藤田茜さん、サタン役を櫻庭有紗さん、ベルフェゴール役を加隈亜衣さん、マモン役を日笠陽子さん、ベルゼバブ役を小倉唯さん、アスモデウス役をたかはし智秋さん、ベリアル役を伊藤静さん、アスタロト役を田所あずささん、十束真莉亜役を戸田めぐみさんが演じる。

(C)HOBBY JAPAN・Niθ/「sin 七つの大罪」パートナーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年7月15日(水)

2020年7月14日(火)

2020年7月13日(月)

2020年7月12日(日)

2020年7月11日(土)

予約受付中の人気作品