■ 「カブキブ!」二幕目「いとしと書いて藤の花」あらすじ&場面写真

4月13日に放送されるTVアニメ「カブキブ!」の二幕目 「いとしと書いて藤の花」のあらすじと場面写真が公開された。

▼カブキブ!」の二幕目 「いとしと書いて藤の花」のあらすじ
一年生の阿久津新、二年生の浅葱芳と丹羽花満。黒悟は、カブキ同好会設立のため、三人を勧誘しに奔走するが、結果は惨敗。しかも、梨園の御曹司・蛯原仁には、歌舞伎を演じる部活の設立なんて諦めろ、とまで言われてしまう始末。けれど、歌舞伎の面白さを仲間と分かち合いたい黒悟は、それでも諦めず、今日も三人を追いかけて……。


■TVアニメ「カブキブ!」とは
「カブキブ!」は、「〈魚住くん〉シリーズ」で知られる榎田ユウリさんの青春小説「カブキブ!」シリーズが原作。歌舞伎が大好きな高校生の来栖黒悟が、部活で歌舞伎をしたいというあふれる想いを抑えることができず、高校で「歌舞伎部」を作るために奔走する物語が描かれる。原案をCLAMPが担当したことで話題になっていた。


歌舞伎大好きな高校1年生、来栖黒悟の夢は、部活で歌舞伎をすること。けれど、入学した高校にそんな部は存在しない。「それなら、自分たちで作っちゃえばいいんじゃない?」親友のトンボと一緒に、まずはメンバー集めに奔走するけれど……!? 青春歌舞伎物語、開幕!

「歌舞伎部」の結成を目標にカブキ同好会を立ち上げる主人公の来栖黒悟役には市川太一さん、村瀬とんぼ役に梅原裕一郎さん、阿久津新役に逢坂良太さん、蛯原仁役に河西健吾さん、丹羽花満役に島﨑信長さん、浅葱芳役に甲斐田裕子さん、蛇ノ目丸子役を内山夕実さん、三輪山梨里役を朝井彩加さん、数馬克己役を山本和臣さん、遠見連役を前野智昭さんが演じる。

(C)榎田ユウリ/KADOKAWA/カブキブ推進委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年9月21日(火)

2021年9月20日(月)

2021年9月19日(日)

2021年9月18日(土)

2021年9月17日(金)

予約受付中の人気作品