■ 「温泉むすめ」を統括する最上級の神様のスクナヒコは水樹奈々

温泉むすめ達にアイドルグループを結成させて、全国各地をそのパフォーマンス勝負で活気づけようと企画した張本人としてぽよよん・ろっく先生のキャラ設定画が公開されていたスクナヒコを演じるのは、水樹奈々さんに決まった。水樹奈々さんの声で「そうじゃ。女だらけの『混浴ぱらだいす』というわしが考案した企画をU局の深夜番組Pに持ちこむのじゃ♪」というセリフが聞ける?


性格はイタズラ好きで、新しいことや面白いことをどんどん推進する。不老不死で、いつから存在しているか正確なことは誰も知らない。本人は屋久杉が小さな苗だった時から知っていると豪語している。全国各地の温泉饅頭とお酒、日本発のジャンクフードが大好き。カレーライスとラーメンは、発明した者を神にしてやってもいいと思ってる程好き。

■クロスメディアプロジェクト「温泉むすめ」とは

「温泉むすめ」は日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターと声を担当する声優たちが、全国の温泉地を盛り上げるべく、歌と踊りで人々に"笑顔と癒し"を与える「アイドル活動」を行う次元を超えたプロジェクト。まずは音楽活動からスタートし、全国の温泉地や地方都市で定期的にイベントを行い、最終的にはゲーム化・TVアニメ化を目指している。

日本の各温泉に宿る下級の神様、温泉むすめ。 人間の女の子とさほど変わらぬ容姿を持つ彼女たちは、日頃東京はお台場に存在する学校に通い、自らが誕生した温泉地をより多くの人に知ってもらい、また来る人に癒しや笑顔を与える為の術を学んでいる。

そんな彼女たちはある日、温泉を司る最上神【スクナヒコ】からアイドル活動開始の布告を受ける。

「日本各地の温泉地を盛り上げるため、お前たちには今後アイドルとして活動し、更に全グループが"人々を沸かせ、癒すこと"の頂きを目指して競いあってもらう!」

温泉むすめたちはスクナヒコの定めた相手とアイドルグループを組み、各温泉地で開催されるアイドル大会に出場していくことに。

本作の主人公である草津温泉の温泉むすめ、【草津 結衣奈】もそんな温泉むすめの一人。彼女は他8名の温泉むすめとグループを組まされる。彼女たち9人の共通項は「学校の変わり者」。おもしろ半分の変わり種としてつくられたグループだった。 かくして、温泉むすめ9人グループ:『SPRiNGS』は全国にいるすべての温泉むすめアイドルたちの頂点を目指して突き進んでいく。

これは、下級の神様として温泉地を盛り上げる任を背負ったむすめ達が、面白楽しくも時に挫折したり、自分の抱える悩みと向き合って青春したり、苦い思いを経験したりして、立派なアイドルへと成長していく物語―――

草津結衣奈役を高田憂希さん、箱根彩耶役を長江里加さん、秋保那菜子役を高橋花林さん、有馬輪花役を本宮佳奈さん、有馬楓花役を桑原由気さん、下呂美月役を遠藤ゆりかさん、道後泉海役を篠田みなみさん、登別綾瀬役を日岡なつみさん、花巻吹歌役を飯田里穂さん、伊香保葉凪役を茜屋日海夏さん、乳頭和役を三上枝織さん、指宿絵璃菜役を松田颯水さん、玉造彗役を田澤茉純さん、スクナヒコ役を水樹奈々さんが演じる。

(C) 温泉むすめ/Enbound, Inc.
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年8月19日(土)

2017年8月18日(金)

2017年8月17日(木)

今日予約開始の商品