■ 「下野紘バースデーライヴイベント 2017~Running High~」レポート

4月30日、東京・NHKホールにて「下野紘バースデーライヴイベント2017~Running High~」が開催された。今回のイベントは下野さんの4月21日のバースデーを祝うと同時に、4月19日発売のシングル「Running High」の発売記念イベントでもある。オリジナルのドラマティックなVJからスタートし、ヘリウム霧のキャノン砲が放たれたかと思うとその中央から歌きっかけで「Running High」を歌いながら下野が登場、途端に観客を魅了するスタートとなった。

「Running High」ワンコーラス歌唱の後は、下野さんが「いつものあんちくしょうを呼ぼう!」とMCの伊達忠智さんが登場、いつもの先輩後輩の楽しいトークショウが始まった。最初のコーナーは「下野紘バースデークイズ!天国と地獄」。過去に下野さんが出演した雑誌などから出題した問題に答え、正解ならごほうびが、不正解なら罰ゲームが待っているというもの。罰ゲームはイケヴォ。「うたのお兄さんになって、子供には優しく明るく、お母さんにはちょっぴり誘惑気味に自己紹介して」という指令に観客が喜ぶツボを押さえたイケヴォを披露。正解したごほうびとしてタイアップのアニメ「カブキブ!」キャストからのメッセージや今回グッズコラボをしているサンリオのキャラクター・シナモロールが遊びに来たりと数々のサプライズが用意されていた。


続いて大阪でのリアル誕生日のお祝いやリハーサルなどのメイキング映像の後、下野さんによる「朗読劇 Running High」が披露された。特別に書き下ろしたオリジナルストーリーを、彼独特の朗々とした話しぶりと絶秒の間でどんどん観客を引き込んでいく。ステージ上にライブ用のセットがありながらも、うまく空間を使った演出も素晴らしく、観客を感動の渦に巻き込んだ。そしてその朗読劇と連動したライブがスタート!


サプライズな演出に観客は驚きながらも立ち上がり、サイリウムのライトで答えた。1曲目の「Running High」を歌い終えた後の「緊張した―!」という下野のいつもの笑顔は声優からアーティストへと変わり、この後の怒涛のライブへとつながっていった。「ONE CHANCE」「colors」「約束」と立て続けに披露した後は、今回初めての試みへ。自身が作詞・作曲した「beyond...」と1stシングルの「リアルーREAL-」をギターとカホーンのみというアレンジ演奏に、下野さんのゆったりしたヴォーカルが加わると、今までの激しいロックスタイルから一転、雰囲気のある大人のアコースティック空間に変化、この緩急付けたライブにオーディエンスはいつしか酔いしれ、誰もがうっとりする空間となった。


ライブはクライマックスへ。おもむろに取り出したタオルを回す練習を始めた下野さん。なんと、今回の「Running High」のカップリング曲「Preasure」は"タオル曲"とのことで、事前情報もばっちりな観客もみな同様タオルを取り出し、歌がサビに入るころには皆タオルを回して歌い一体となった会場は、まるでタオルの花が咲くようでもあった。そして最後におなじみの曲、「リアル-REAL- 」で本編のライブを終了。

すぐさま沸き起こるアンコールにこたえようと再度ステージに登場した下野さんが、バースデーソングで合唱する観客に圧倒されていると、なんとステージ袖から「から揚げタワーケーキ」を運ぶ浅沼晋太郎さんが登場! サプライズゲストに驚きで何も言えなくなる下野さんだったが、浅沼さんの激励の言葉を受け、再び歌唱へ。「ONE CHANCE」そして今回の表題曲「Running High」を再び熱唱した。ダブルアンコール「Presure 」もあり、密度の濃い2時間を駆け抜けた。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月9日(月)

2019年12月7日(土)

2019年12月6日(金)

2019年12月5日(木)

2019年12月4日(水)

予約受付中の人気作品