■ 「アリスと蔵六」紗名の「外の世界」の友達に内田秀&高橋未奈美

5月13日放送の第6話から第2部に突入するTVアニメ「アリスと蔵六」の新キャラクターが発表された。紗名が「外の世界」で初めてできた友達である敷島羽鳥役を内田秀さん、美浦歩役を高橋未奈美さんが演じる。第2部突入に合わせて公式サイトのビジュアルも変更された。

■TVアニメ「アリスと蔵六」とは
「ハックス!」や「ぼくらのよあけ」などで知られる今井哲也先生が「月刊COMICリュウ」に連載中の漫画で、「第17回文化庁メディア芸術祭 」マンガ部門新人賞を受賞した「アリスと蔵六」が原作。監督は桜美かつし氏、アニメーション制作はJ.C.STAFFが担当する。


彼女はそれまで“外の世界”を知らなかった。 初めて触れるモノ、初めて見る風景、そして初めて出会う人々……。
そんな“世界”の広がりに、戸惑い、驚き、目を見開く。

名前は紗名(さな)。
“研究所”と呼ばれる施設で、“外の世界”を知らずに生まれ育った少女。
しかも、あらゆる想像を具現化する??「アリスの夢」と呼ばれる特殊な能力の持ち主でもあった。

そして初めての“外”で、彼女はひとりの老人と出会う。
名前は樫村蔵六。「曲がったことが大嫌い」で「悪いことは悪い」という頑固じいさん。
そんな蔵六との出会いが、紗名の運命を大きく変えていく。

紗名を追う謎の組織、次々と現れる能力者たち、そして心優しい人々との出会い……。
世間知らずだった“アリス”は、鏡の門(ルッキング・グラス)を抜けて、世界の本当の姿を知ることになる。

----そう、これは、私がまだ、自由に夢の国へ行けた頃の話。

外の世界に憧れ、“研究所”と呼ばれる施設を抜け出してきた少女。「自分が想像した通りに周囲の物理法則を書き替える」という、万能の力「アリスの夢」を持つ少女紗名役を大和田仁美さん、「曲がったことが大嫌い」という、まさに絵に描いたような頑固じいさんの樫村蔵六役を大塚明夫さん、蔵六の孫娘の樫村早苗役に豊崎愛生さん、紗名と同じ研究所に保護されていた双子の姉の雛霧あさひ役を藤原夏海さん、双子の妹の雛霧よなが役を鬼頭明里さん、内閣情報室特務機動班で紗名のサポートにあたる一条雫役を小清水亜美さん、蔵六とは昔からの顔なじみで内閣情報室所属の内藤竜役を大塚芳忠さん、一条のことが好きすぎるハッカーの山田のり子役を広瀬ゆうきさん、クライス&クラークジャパンの研究所に招聘される能力者の“ミニーC”・タチバナ役を能登麻美子さん、クライス&クラークジャパンの研究所職員の鬼頭浩一役を松風雅也さん、研究所で保護されているクレオ役と紗名が「外の世界」で初めてできた友達の敷島羽鳥役を内田秀さん、紗名が「外の世界」で初めてできた友達の1人の美浦歩役を高橋未奈美さんが演じる。

(C)今井哲也/徳間書店・「アリスと蔵六」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月14日(土)

2019年12月13日(金)

2019年12月12日(木)

2019年12月11日(水)

2019年12月10日(火)

予約受付中の人気作品