■ 「妖怪アパートの優雅な日常」に森川智之、杉田智和、田村睦心ら

7月3日から放送されるTVアニメ「妖怪アパートの幽雅な日常」の追加キャストが発表された。本名不明でしがない霊能力者の龍さん役を森川智之さん、珍本・奇本を求めて世界を旅する古本屋役を杉田智和さん、謎の物を売り付けようとする骨董屋役を速水奨さん、大手ソワール化粧品に勤務する幽霊の佐藤さん役を遊佐浩二さん、大げさな身振りと口調の魔導書ガイドのフール役を子安武人さん、男の子の幽霊のクリを釘宮理恵さん、クリと仲良しの幽霊犬のシロ役を田村睦心さんが演じる。これらのキャストはドラマCDと同じ。

オープニング主題歌はロザリーナの「Good Night Mare」、エンディング主題歌は稲葉夕士(CV:阿部敦さん)&長谷泉貴(CV:中村悠一さん)が歌う「日常識Broken down」に決まった。

7月1日にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われる先行上映会には、阿部敦さんに加え、速水奨さん、田村睦心さん、ロザリーナさん、橋本みつお監督が登壇する。

■TVアニメ「妖怪アパートの幽雅な日常」とは
月刊少年シリウスで連載中の同名コミック(原作:香月日輪先生/漫画:深山和香先生)が原作。


両親を亡くしたため、親戚の家で肩身の狭い生活をしていた稲葉夕士は、高校入学を機に一人暮らしを決意する。そこで見つけた格安の下宿先「寿荘」。しかし、そこは妖怪・幽霊・人間が入り混じる奇妙な「妖怪アパート」だったという物語。時に笑い、時に泣き、人情味あふれるストーリーで、魅力的なキャラクターが多数登場する。不気味な姿をした妖怪たちと個性的すぎる住人たちにはじめは戸惑う夕士だったが、彼らとの奇妙な共同生活の中で、それまで閉じていた心が徐々に開いていく…。

主人公・稲葉夕士役を阿部敦さん、夕士の親友・長谷泉貴役を中村悠一さん、除霊師の久賀秋音役を沢城みゆきさん、詩人にして童話作家の一色黎明役を石田彰さん、画家の深瀬明役を中井和哉さん、しがない霊能力者の龍さん役を森川智之さん、珍本・奇本を求めて世界を旅する古本屋役を杉田智和さん、謎の物を売り付けようとする骨董屋役を速水奨さん、大手ソワール化粧品に勤務する幽霊の佐藤さん役を遊佐浩二さん、大げさな身振りと口調の魔導書ガイドのフール役を子安武人さん、男の子の幽霊のクリを釘宮理恵さん、クリと仲良しの幽霊犬のシロ役を田村睦心さんが演じる。

(C)香月日輪・深山和香・講談社/妖アパ住人組合
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月13日(金)

2019年12月12日(木)

2019年12月11日(水)

2019年12月10日(火)

2019年12月9日(月)

予約受付中の人気作品