■ 「縁結びの妖狐ちゃん」に立花慎之介、今井麻美。「砂雪編」PVも


7月1日21時よりTOKYO MXで放送される「縁結びの妖狐ちゃん」のファーストエピソードは「砂雪編」。PVやビジュアル、第1話のあらすじ、場面カットなどが公開された。

西西域(にしさいいき)の砂狐皇子――梵雲飛(ハン・ウンヒ)と、前世で「氷結将軍」と呼ばれていた暦雪揚(レキ・セツヨウ)、二人の転生縁結びを通じて、時に面白く、時に悲しい、たくさんの人の思いやりが描かれる。砂狐皇子役を立花慎之介さん、暦雪揚役うぃ今井麻美さんが演じる。

▼「砂雪編」第1話あらすじ
正真正銘の妖狐となることを夢見ている塗山スース。しかし、ずば抜けた妖力も美貌も知性も持ち合わせていないスースは、塗山ヤヤから一族のために政略結婚するよう迫られる。ヤヤから逃げ出したスースがたどり着いた先は、お見合い番組の収録会場だった。そこで出会ったハク・ゲッショウは協力者となり、転生縁結び任務のターゲットも見つけることができた。果たしてスースは自分の任務を上手くこなせるだろうか…。

■TVアニメ「縁結びの妖狐ちゃん」とは
原作の「狐妖小紅娘」は、「テンセント動漫」で現在も連載中で、。2017年5月時点でのPV数は累計73.6億を超える超人気コミック妖怪と人間が共存し愛し合う世界で輪廻転生した人間の記憶を蘇らせる「妖狐仲人」として活動する妖狐が、人間と妖怪との縁結びを繰り広げていくという作品だ。


妖怪と人間が共存し、愛し合える世界。

しかし、人間の寿命を遥かに凌ぐ妖怪は、愛する人間が死んでも命尽きることなく生き続けていた。

人は輪廻転生し、生まれ変わることができても前世の記憶は失われてしまうため、妖怪の間では、ある「サービス」が普及していた。

それは、生まれ変わった人間にかつての恋人の記憶を蘇らせることのできる「妖狐仲人」によるサービス。

愛する人が死んでもなおその人を愛し続ける妖怪は、「妖狐仲人」が販売する「サービス」を買い、転生したかつての恋人と再び愛しき日々を取り戻そうとする。

天然キャラで妖力の弱い塗山姉妹の三女、塗山スース(トサン・スース)役を阿澄佳奈さんが、スースの婚約者で金の亡者かつ食いしん坊という白月初(ハク・ゲッショウ)役を羽多野渉さん、塗山ヤヤ(トサン・ヤヤ)役を米澤円さん、塗山ロロ(トサン・ロロ)役を金元寿子さん、王富貴(オウ・フウキ)役を桐井大介さんが演じる。

(C)Tencent Inc./縁結びの妖狐ちゃん製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月12日(木)

2019年12月11日(水)

2019年12月10日(火)

2019年12月9日(月)

2019年12月7日(土)

予約受付中の人気作品