■ 9月7日、鷲宮町の土師祭に「らき☆すた神輿」が登場

アニメ「らき☆すた」の舞台となった埼玉県鷲宮町の商工会は、町おこしのために「らき☆すた飲食店スタンプラリー」を行ったり、らき☆すたの登場人物を登録した特別住民票を発行したり、鷲宮神社の「公式参拝」で3500人あまりものファンが集まったりと、常に話題を振りまいてきた。

その鷲宮町で9月7日に行われる土師祭(はじさい)に、今度は「らき☆すた神輿」が登場するという。

古くから鷲宮神社境内に奉納されている「千貫神輿」を担いで練り歩く土師祭には現在、関東近県から120余団体、約1300人が担ぎ手として参加しているとのこと。

「らき☆すた神輿」は、午後6時30分から登場する予定。
神輿の担ぎ手は、鷲宮町商工会に応募した115名の「らき☆すた」ファンたちで、「らき☆すた」オリジナルTシャツを着て神輿を担ぐそうだ。

鷲宮町 土師祭
鷲宮町 土師祭(はじさい)に「らき☆すた」神輿が登場!
ちなみに、リンク先の写真はイメージとのことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

今日予約開始の商品