■ 10月放送開始の「宝石の国」新キャラクタービジュアルを2点公開

10月より放送されるTVアニメ「宝石の国」の新キャラクタービジュアルが公開された。


(左)フォスフォフィライト PHOSPHOPHYLLITE
硬度三半。宝石たち中で最年少の300歳。ひときわ脆く、靭性も弱いため戦闘にも向かず、何をさせても不器用で自ら役立たずだったが、生まれて初めて博物誌編纂という仕事を与えられる。

(右)シンシャ CINNABAR
硬度二。体から無尽蔵に毒液が出る特異体質のため、他の宝石たちから距離を置き月人の現れない夜の見回りを担当している。聡明で思慮深い。

■TVアニメ「宝石の国」とは
アフタヌーンに連載中の市川春子先生の同名コミックが原作。監督は京極尚彦さん、シリーズ構成に大野敏哉さん、キャラクターデザインに西田亜沙子、アニメーション制作はオレンジが担当する。


今から遠い未来、かつて存在した生物が、不死の身体をもつ「宝石」になった世界で、月から飛来する謎の敵“月人”と宝石たちとの激しい戦いを描く、強くてもろくて美しいアクションファンタジー。

(C)2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年9月20日(水)

2017年9月19日(火)

2017年9月18日(月)