■ 「七つの大罪」新シリーズが2018年1月から。夏には劇場版も決定


7月16日に山野ホールで行われたイベント「七つの大罪FES」で新作TVシリーズ「七つの大罪 戒めの復活」が2018年1月から放送開始されることが発表された。ティザービジュアル、新スタッフ、新キャストが発表された。

原作は鈴木央さん、監督は古田丈司さん、シリーズ構成は吉岡たかをさん、キャラクターデザインは戸谷賢都さん&佐々木啓悟さん、音楽は澤野弘之さん&和田貴史さん、アニメーション制作はA-1 Picturesが担当する。 メリオダス役を梶裕貴さん、エリザベス役を雨宮天さん、ホーク役を久野美咲さん、ディアンヌ役を悠木碧さん、バン役を鈴木達央さん、キング役を福山潤さん、ゴウセル役を髙木裕平さん、マーリン役を坂本真綾さん、ギルサンダー役を宮野真守さん、ハウザー役を木村良平さん、グリアモール役を櫻井孝宏さんが演じる。

2018年夏には劇場版が公開されることも発表され、特報が公開された。

イベント「七つの大罪FES 輝ける太陽(サンシャイン)」「七つの大罪FES 甦る邪星(スターライト)」の2公演を収録した大ボリュームの2枚組のBlu-ray&DVDが2018年1月24日に発売されることも決まった。


(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年9月20日(水)

2017年9月19日(火)

2017年9月18日(月)