■ 秋アニメ「妹さえいればいい。」シリーズ構成・脚本に平坂読先生


2017年秋にTVアニメ化されることが発表されていたガガガ文庫刊行の大人気青春ラブコメ「妹さえいればいい。」(著:平坂読先生、イラスト:カントク先生)のメインスタッフ&メインキャストが発表された。

監督は大沼心さん、シリーズディレクターは玉村仁さん、シリーズ構成・脚本は平坂読先生、キャラクター原案はカントク先生、キャラクターデザイン・総作画監督は木野下澄江さんで、アニメーション制作はSILVER LINK.が担当する。

キャストはドラマCDとほぼ同じで、主人公の羽島伊月役を小林裕介さん、血の繋がらない妹の羽島千尋役を山本希望さん、作家仲間で銀髪碧眼美少女なのに残念な娘の可児那由多役を金元寿子さん、伊月の大学の同級生の白川京役を加隈亜衣さん、伊月と同期デビューした小説家の不破春斗役を日野聡さん、GF文庫編集部の編集者の土岐健次郎役を鳥海浩輔さん、イラストレーターの恵那刹那役を代永翼さん、凄腕税理士の大野アシュリー役を沼倉愛美さん、マンガ家の三国山蚕役を藤田茜さんが演じる。

(C)Y.H,S/ISP
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月7日(土)

2019年12月6日(金)

2019年12月5日(木)

2019年12月4日(水)

2019年12月3日(火)

予約受付中の人気作品