■ 「ネト充のススメ」キャラ設定画。イケメンエリート社員は櫻井孝宏

10月9日よりTOKYO MXと読売テレビで放送されるTVアニメ「ネト充のススメ」のキャラ設定が公開された。

(左)盛岡森子役(CV:能登麻美子さん)
高卒から働いた会社を辞め、ニートになった30歳、独身。満を持してのニート生活の中で、リアルでは得られなかった充足感を求めてネトゲ三昧の日々を過ごしている。口調は丁寧で、振る舞いは静かな方だが、脳内のテンションはめっぽう高い。些細な事で喜ぶ素直な一面もありつつ、些細な事で落ち込むネガティブで面倒くさい性格をしている。

(右)林(CV:鈴木崚汰さん)
森子がネトゲ内で使用しているキャラクター(男)。最高のモテイケメンを目指してキャラメイクしたものの、中の人のテンションのまま話す為、ちょっと情けない人畜無害な青年になってしまっている。ゲーム内の職業は「騎士」。

(左)桜井優太(CV:櫻井孝宏さん)
ひょんなことから森子と知り合う事になった商社勤めのエリート社員。金髪碧眼の英国ハーフで人目を引く外見をしている。森子と何かと縁が深く、彼女に対して色々と思い悩む事になる。人付き合いが苦手で、ビジネス抜きになると途端に臆病になってしまう。

(中)小岩井誉(CV:前野智昭さん)
桜井の同僚。以前は森子の勤め先の別部署勤めだったという経緯もあり、森子と接点を持つ桜井や森子自身によくちょっかいをかけたがる愉快な男性。あっけらかんと振舞いながら、的確に分析する冷静な一面も。相手を自分のペースに巻き込む強引な性格をしている。

(右)藤本和臣(CV:寺島拓篤さん)
森子の自宅近辺のコンビニでアルバイトしている大学生。勤務態度は真面目で気が利く物静かな店員だが、素は結構サバサバと明るい性格をしている。

(左)リリィ(CV:上田麗奈さん)
林が「フリドメール」の中で初めて出会った 先輩プレイヤーの女の子。柔らかい口調や可愛らしい外見、そしてマメに世話をする姿は林曰く「天使」。ギルド内きっての社会人廃課金プレイヤー。ゲーム内の職業は「コンダクター」。

(左2番目)カンベ(CV:中村悠一さん)
ギルド「@家パーティー」のマスター。低身長・色黒・ひげ面など、個性的な外見をしている兄貴キャラ。マスターらしく厳しく振舞いつつ、誰よりもメンバー思いの親ばかめいた性格をしている。少々口調が辛辣だが、これも彼なりのジョーク。ゲーム内の職業は「アサシン」だが、ギルドの慢性的な前衛不足により盾を装備して体を張ることもしばしば・・・。

(中)ライラック(CV:相坂優歌さん)
猫耳と貧乳を愛する少々マニアックな女の子であり、アバターもその通りに仕上がっている。歩くメガホンの如く秘密を漏洩していくお喋りな面もあるが悪い子ではない。ゲーム内の職業は「呪術師」。

(右2番目)ぽこたろう(CV:寸石和弘さん)
ギルド「@家パーティー」のサブマスター。高身長で横幅最大値の巨漢キャラで、見た目通りのんびりとした口調で優しい性格。年齢はギルドの中でも高い方で、メンバーの保護者の様な視点を持っている。リアルではヒメラルダの旦那さん。ゲーム内の職業は「シャーマン」。

(右)ヒメラルダ(CV;八木隆典さん)
高身長にほっそりとした体格の男性キャラクター。口調はオネエ系だが、実は中の人がリアルでぽこたろうの奥さん。お茶目でおせっかいな性格でネタっぽい事が好きですぐに首を突っ込む。ゲーム内の職業は「道化師」。

■TVアニメ「ネト充のススメ」とは
comicoの人気作、黒曜燐先生の同名コミックが原作。監督は柳沼和良さん、副監督は傳沙織さん、シリーズ構成はふでやすかずゆきさん、キャラクターデザインは海島千本さん、アニメーション制作はSIGNAL.MDが担当する。
現実世界からドロップアウトした三十路・独身・脱サラニートの盛岡森子がヒロイン。。「ネトゲ世界」で充実した毎日を送る森子だったが、そこでの仲間とのコミュニケーションや出会いは、やがて「現実世界」にもつながっていき再び人とのつながりを取り戻していく……という、「ネット」と「リアル」が交錯する人間ドラマが描かれる。
盛岡森子役は能登麻美子さん、桜井優太役は櫻井孝宏さん、林役は鈴木崚汰さん、リリィ役は上田麗奈さん、小岩井誉役は前野智昭さん、藤本和臣役は寺島拓篤さん、カンベ役は中村悠一さん、ライラック役は相坂優歌さん、ヒメラルダ役は八木隆典さん、ぽこたろう役は寸石和弘さんが演じる。

オープニングテーマは中島愛さん、エンディングテーマは相坂優歌さんが担当する。

(C)黒曜燐/comico/ススメ!ネト充プロジェクト
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年10月22日(日)

2017年10月21日(土)

2017年10月20日(金)

今日予約開始の商品