■ 「ガンダム THE ORIGIN ルウム会戦」島津亜矢主題歌入りPV公開

9月2日より全国35館にて劇場上映される「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」の主題歌を歌うのは、安彦良和総監督がその声に聞き惚れてオファーしたという島津亜矢さん。楽曲がポップスであることから、歌手名義を島津亜矢ではなく、「AYA」と表記して歌った主題歌「I CAN'T DO ANYTHING-宇宙(そら)よ―」を聴くことができるPVが公開された。

9月7日に新宿ピカデリー18時上映回にて、安彦総監督&島津亜矢さんが登壇する舞台挨拶が開催される。主題歌の歌唱も予定されている。


宇宙世紀0079 年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦・コロニー落としを実行し突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた―
そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルの「赤い彗星」としての伝説が誕生する。


▲シャア・アズナブル(CV:池田秀一さん)
その正体はダイクンの息子キャスバル。素性を隠して、ジオン公国軍の士官となり、一年戦争の初期からもビルスーツのエースパイロットとして活躍する。階級は中尉。ルウム会戦では特別強襲大隊の指揮官として参加し、後に「赤い彗星」と呼ばれるようになる多大な功績をあげていく。



▲セイラ・マス(CV:潘めぐみさん)
ジオン・ズム・ダイクンの娘、本名はアルテシア。医学を志してミランダの病院に勤めていたが、養父テアボロ・マスの 医学を志してミランダの病院に勤めいたが、養父 医学を志してミランダの病状悪化の連絡を受け、テキサス・コロニーに帰郷する。一年戦争の戦火は、セイラのいるサイド5にも及び、多大な被害をたらしていく。
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年5月24日(火)

2022年5月23日(月)

2022年5月22日(日)

2022年5月21日(土)

2022年5月20日(金)