■ 大ヒット上映中「プリズマ☆イリヤ」、マチ★アソビで続編制作発表

「劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」が大ヒット上映中だが、「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」シリーズの続編制作がマチ★アソビで発表された。続編が劇場版になるのか、TVアニメになるのかは不明。

■「劇場版プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」とは
「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」は、ひろやまひろしさんが月刊コンプエースに連載中の魔法少女漫画が原作の「Fate/stay night」のスピンアウト作品。ごく普通の少女・イリヤが精霊が宿る魔術礼装「カレイドステッキ」の人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に魔法少女にされ、魔術師・遠坂凛の命令のもと、危険なカードの回収の手伝いをすることになるというストーリーが描かれている。


「話をしようと思う。俺と、美遊の……これまでの話を」

世界は滅びに向かって進んでいた。その歩みを止められるのは、〝聖杯〟たる美遊の犠牲のみ。
世界か、美遊か――。
〝世界の救済〟を掲げるエインズワースが突きつけられた問いに対し、イリヤが出した答えは、両方救うという単純な〝ワガママ〟だった。
戦いは小休止を迎え、一行は美遊と士郎が育った家に身を寄せる。団らんのなか、士郎は、美遊との過去を話し始めた。
あらゆる願いを無差別に叶える神稚児だった美遊。士郎は、切嗣と暮らしていた家に、身寄りのない彼女を引き取った。
それから、5年。二人は本当の兄妹のように平穏な暮らしを送ってきた。しかし、そんな日常は突如として終わりを告げる。
美遊の生家へと訪れた二人。その前に、美遊を〝奇跡〟として希求する樹里庵が姿を現し――。

美遊と士郎、エインズワースの因縁が、ここに語られる。

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン役を門脇舞以さん、美遊・エーデルフェルト役を名塚佳織さん、クロエ・フォン・アインツベルン役を斎藤千和さん、田中役を福圓美里さん、ギル役を遠藤綾さん、ベアトリス役を釘宮理恵さん、アンジェリカ役を白石涼子さん、エリカ役を諸星すみれさん、遠坂凜役を植田佳奈さん、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト役を伊藤静さん、バゼット・フラガ・マクレミッツ役を生天目仁美さん、マジカルルビー役を高野直子さん、マジカルサファイア役をかかずゆみさんが担当。

(C)2017 ひろやまひろし・TYPE-MOON/KADOKAWA/「劇場版プリズマ☆イリヤ」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年10月19日(木)

2017年10月18日(水)

2017年10月17日(火)

今日予約開始の商品