■ 緒方恵美の中高時代のあだ名は「紅緒」。「●乱(気味)」だったから

11月11日に公開される「劇場はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳」の映画化が「感慨深い」とする緒方恵美さんが、自身の中高時代のあだ名が「紅緒」だったことを明かした。学年の色が「紅」だったことと、「緒」方という苗字の組み合わせというだけでなく……「『●乱(気味)』だったから…」なる豪快なエピソードまで披露している。



時は大正。女学校に通う花村紅緒は、いつも明るくケンカっ早いところのあるじゃじゃ馬娘。恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている花の学園生活を送る紅緒ですが、そんな中偶然に出会った謎の美青年。実は彼が祖父母の時代から決められていた紅緒の許婚、伊集院忍少尉であることが発覚!はたして紅緒と少尉は無事惹かれあうのか!

花村紅緒役を早見沙織さん、伊集院忍少尉役を宮野真守さん、江冬星役を櫻井孝宏さん、鬼島森吾役を中井和哉さん、藤枝蘭丸役を梶裕貴さん、北小路環役を瀬戸麻沙美さん、花村少佐役を石塚運昇さん、ばあや役を鈴木れい子さん、牛五郎役を三宅健太さん、吉次役を伊藤静さんが演じる。

(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年11月18日(土)

2017年11月17日(金)

2017年11月16日(木)

2017年11月15日(水)

2017年11月14日(火)

今日予約開始の商品