■ 「映画 中二病でも恋がしたい!」新ビジュアル&特報第3弾が公開

2018年1月6日に公開される「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」の最新ビジュアルならびに特報第3弾が公開された。

物語の軸となる富樫勇太(CV:福山潤さん)と小鳥遊六花(CV:内田真礼さん)が旅に出ようとする姿が描かれており、メインキャラクターが勢ぞろいする賑やかな1枚となっている。

特報第3弾では、六花たちが京都、兵庫、和歌山、東京、青森、北海道を駆け巡る様子が描かれ日本全国を舞台にした壮大なストーリーとなっていることが伺える。

前売り券第2弾となる新規描き下ろしイラスト使用クリアファイル付きチケットが11月3日より公開劇場にて販売される。

■劇場版「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」とは
監督の石原立也さん、脚本の花田十輝さん、キャラクターデザインの池田和美さんらメインスタッフや福山潤さん(富樫勇太役)、内田真礼さん(小鳥遊六花役)、赤﨑千夏さん(丹生谷森夏役)、浅倉杏美さん(五月七日くみん役)、上坂すみれさん(凸守早苗役)らキャスト、主題歌アーティストZAQが再集結する。


「十八歳。高校最後の年。なのに六花は……まだ中二病だった」
大学受験も見えてきた高校三年間近の春休み。相も変わらず富樫勇太は小鳥遊六花と共同生活をしていた。
しかし未だ上位契約も結べていない様子……。 そんなある日、姉の十花が六花をイタリアに連れて行くと宣言する。仕事も安定したので、家族で移住すると言うのだ。
焦る勇太だったが、大学進学も危うい六花をこのままにしてはおけない、という十花の意見はもっともだった。
このままでは二人が引き裂かれてしまう。心配した丹生谷らいつものメンバーから、勇太はなんと〝駆け落ち〟を提案される。
こうして、日本全国を舞台にした二人の逃走劇が、今始まるのだった。

(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年5月27日(水)

2020年5月26日(火)

2020年5月25日(月)

2020年5月24日(日)

2020年5月23日(土)

予約受付中の人気作品