■ 京アニの山田尚子監督「リズと青い鳥」が4/21公開。ビジュアルなど

「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」公開初日に山田尚子監督の新作「リズと青い鳥」が2018年4月21日に公開されることが発表された。高校生の青春を描いた武田綾乃先生の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」のアニメ映画化で、みぞれと希美、2人の少女の儚く美しい一瞬を切り取る。

監督は山田尚子監督で、「映画 聲の形」に続いて劇場作品4本目の監督作となる。脚本は吉田玲子さん、キャラクターデザインは西屋太志さん、音楽は牛尾憲輔さんと「聲の形」のメインスタッフが集結する。アニメーション制作は京都アニメーション。

あの子は青い鳥。
広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。

北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。

高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。

「なんだかこの曲、わたしたちみたい」

屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。

「親友」のはずの二人。しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年7月22日(日)

2018年7月21日(土)

2018年7月20日(金)

2018年7月19日(木)

2018年7月18日(水)

今日予約開始の商品