■ 「よりもい」7話から登場大人組の阿澄佳奈が「新喜劇はじまっとる」

2月13日に放送されたTVアニメ「宇宙よりも遠い場所」第7話「宇宙を見る船」は、いよいよ南極に向かう船、ペンギン饅頭号に乗り込むキマリたちが描かれた回だったが、これまでの女子高校生中心の物語に、南極に向かう大人組が加わり緊張感が高まった回だった。周りに大人が増えると小渕沢報瀬のポンコツっぷりが引き立つ。轟信恵役の阿澄佳奈さん第7話の感想は…「吉本新喜劇はじまっとるー笑」。


■TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」とは
いしづかあつこ[監督]×花田十輝[シリーズ構成・脚本]×MADHOUSE[アニメーション制作]の「ノーゲーム・ノーライフ」チームが手がけるオリジナルアニメ。

いつだってボクらの一歩は好奇心から始まった。見たことのない風景を、聞いたことのない音を、嗅いだことのない香りを、触れたことのない質感を、味わったことのない食物を、そして感じたことのない胸の高鳴りを、いつの間にか忘れてしまった欠片を、置き去りにしてきた感動を拾い集める旅。
そこにたどり着いたとき、ボクたちは何を思うのだろう。吠える40度、狂う50度、叫ぶ60度、荒れる海原を超えた先にある原生地域。地球の天辺にある文明を遠く離れた遥か南の果て。
これは《南極》[宇宙よりも遠い場所]に向かう4人の女の子たちの旅の物語。ボクらは彼女たちを通して、明日を生きるキラメキを思い出す。

好奇心旺盛だが臆病で小心者な一面もある玉木マリ役を演じるのは水瀬いのりさん、目の醒めるような黒髪の美少女の小渕沢報瀬役を演じるのは花澤香菜さん、誰とでもすぐ仲良くなれる三宅日向役は井口裕香さん、子役タレントで愚痴が多い白石結月役を早見沙織さん、「南極チャレンジ」の隊長の藤堂吟役を能登麻美子さん、副隊長の前川かなえ役を日笠陽子さん、観測隊の料理長の鮫島弓子役をLynnさん、キマリの幼なじみの高橋めぐみ役を金元寿子さん、キマリの妹の玉木リン役を本渡楓さん、結月の母でマネージャーでもある白石民子役を大原さやかさんが演じる。

(C)YORIMOI PARTNERS
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年8月17日(金)

2018年8月16日(木)

2018年8月15日(水)

2018年8月14日(火)

2018年8月13日(月)