■ 「りゅうおう」10話に白鳥先生「空銀子が勝負手」「むせび泣いてる」

TVアニメ「りゅうおうのおしごと!」の第10話「スピニングドラゴン」が放送された。話でも原作の白鳥士郎先生が様々な裏話を交えての実況をしてくれた。メインの物語は名人相手に成す術もなく追い詰められた八一の心が乱れ、あいとの関係にも亀裂がという息苦しくなる展開だった。それはさておき、白鳥士郎先生は「姉弟子が可愛すぎて美しすぎて…もうこのシーンだけでアニメ化してもらってよかったと、むせび泣いて」いたご様子。


■TVアニメ「りゅうおうのおしごと」とは
監督は「ロウきゅーぶ!SS」「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」の柳伸亮さん、アニメーション制作はproject No.9が担当する。

玄関を開けるとJSがいた―――
「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。九歳。
「え?、…弟子?え?」
「…おぼえてません?」
覚えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していくのだった。

九頭竜八一役を内田雄馬さん、雛鶴あい役を日高里菜さん、夜叉神天衣役を佐倉綾音さん、空銀子役を金元寿子さん、清滝桂香役を茅野愛衣さん、水越澪役を久保ユリカさん、貞任綾乃役を橋本ちなみさん、シャルロット・イゾアール役を小倉唯さん、神鍋歩夢役を岡本信彦さん、清滝鋼介役を関俊彦さん、供御飯万智役を千本木彩花さん、月光聖一会長役を速水奨さんが演じる。

オープニングテーマはMachicoさんの「コレカラ」、エンディングテーマは伊藤美来さんの「守りたいもののために」。

(C)白鳥士郎・SBクリエイティブ/りゅうおうのおしごと!製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年6月18日(月)

2018年6月17日(日)

2018年6月16日(土)

2018年6月15日(金)

2018年6月14日(木)

今日予約開始の商品