■ 「メルヘン・メドヘン」第10話。静抜きでのアメリカ校戦は殲滅戦で

3月29日より放送されるTVアニメ「メルヘン・メドヘン」の第10話「月の花は二度咲く」のあらすじと場面カットが公開された。静抜きでアメリカ校戦を迎えた日本校。自称日本校エースの日野さちも参戦し善戦する日本校だが…。
静抜きでアメリカ校戦を迎えた日本校。だがアメリカ校リーダーのリンの卑怯な策謀に愛想をつかしたドリューとキャメロンも出場を辞退し、互いにメンバーを減らしたまま第二夜『殲滅戦』が開始される。自称日本校エースの日野さちも参戦し善戦する日本校だが、『マッチ売りの少女』リンの魔法は強力だった…。

■TVアニメ「メルヘン・メドヘン」とは
松智洋先生&StoryWorks×カントク先生の同名ライトノベルが原作。原案&シリーズ構成は松智洋さん、原案協力はStoryWorks、キャラクター原案はカントクさん、総監督は斎藤久さん、監督は上田繁さん、キャラクターデザインは森川侑紀さん、アニメーション制作はフッズエンタテインメントが担当する。

原書に選ばれた「メドヘン」と呼ばれる少女たちは一流の「原書使い」になることを目指して、世界各国の魔法学園で勉強中。彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会「ヘクセンナハト」で優勝すること。優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。
ある日、メンバー不足で出場停止が危ぶまれる日本校のリーダー土御門静の前に、読書と空想が好きな女子高生、鍵村葉月が現れた。あまり友達のいない、ぼっち気味な葉月は、なぜか強力な力を持つ『シンデレラ』の原書に選ばれ、魔法学園に入学することになる…。
「シンデレラ」と優勝をめぐり、少女たちが一緒に特訓したり、時には温泉に入ったりなんて感じの魔法少女バトルが、いま幕を上げる!!

友達がいない、ぼっち少女で「シンデレラ」の原書に選ばれる鍵村葉月役を楠木ともりさん、世界最古の物語と言われる「かぐや姫」を世襲する土御門家の令嬢の土御門静役を末柄里恵さん、「酒呑童子」と契約し雷撃の魔法を得意とする姉御肌の実力者のユーミリア・カザン役をLynnさん、アメリカ校のリーダーで腹黒い「マッチ売りの少女」のリン・デイヴス役を日高里菜さん、ロシア校のリーダーで人助けが好きでお節介な「大きなカブ」のマリヤ・ラスプーチン役を大津愛理さん、ドイツ校のリーダーで「魔弾の射手」のアガーテ・アーリア役を加隈亜衣さん、イギリス校のリーダーで「ブリタニア列王史」のアーサー・ペンドラゴン役をを上田麗奈さん、静の幼馴染で「一寸法師」の加澄有子役を本渡楓さん、日本のクズノハ女子魔法学園の学園長役を岡村明美さんが演じる。

オープニング主題歌はfhanaの「わたしのための物語 ~My Uncompleted Story~」、エンディング主題歌は上田麗奈さんの「sleepland」。

(C)MMM/メルヘン・メドヘン製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年4月27日(金)

2018年4月26日(木)

2018年4月25日(水)

2018年4月24日(火)

2018年4月23日(月)