■ 「かくりよの宿飯」11話。大旦那不在中にライバル宿の番頭と湯守

6月11日よりTOKYO MXほかで放送開始されるTVアニメ「かくりよの宿飯」の第十一話「湯守の濡れ女と師匠の不知火。」のあらすじと先行カットが公開された。大旦那不在の天神屋にライバル宿の番頭と湯守がやってきて。
大旦那不在の天神屋に、突如やって来たのは、ライバル関係にある南の地の宿、折尾屋の番頭・葉鳥と湯守・時彦。彼らは客として訪れたというのだが、天神屋面々の間には緊張した空気が広がり、銀次でさえ微妙な反応を見せるのであった。そんな中、葵は時彦と天神屋の湯守・静奈が口論する現場に遭遇し……。

■TVアニメ「かくりよの宿飯」とは
監督は奥田佳子さん、シリーズ構成は金春智子さん、キャラクターデザインは佐藤陽子さん、あやかしデザインは草彅琢仁 さん・乙幡忠志さん、総作監は鈴木光さん。

あやかしの棲まう“隠世(かくりよ)”。その老舗宿「天神屋」の大旦那にさらわれてしまった主人公・葵は、そこで祖父が残した借金のカタとして、鬼神である大旦那の嫁になる約束が交わされていたことを知る。嫌がる葵は元の世界に戻るため、嫁入りするかわりに「天神屋」で働いて借金を返済すると宣言してしまうのだが……。

津場木葵役を東山奈央さん、大旦那役を小西克幸さん、銀次役を土岐隼一さん、暁役を内田雄馬さん、お涼役を加隈亜衣さん、白夜役を田丸篤志さん、手鞠河童のチビ役を石見舞菜香さん、津場木史郎役を井上和彦さん、静奈役を上田麗奈さん、春日役を中恵光城さん、サスケ役を井上雄貴さん、乱丸役を石川界人さん、葉鳥役を寺島拓篤さん、時彦役を平川大輔さん、鈴蘭役を内田真礼さん、反之介を杉田智和さんが演じる。

オープニングテーマは東山奈央さんの「灯火のまにまに」、エンディングテーマは沼倉愛美さんの「彩 -color-」。

(C)2018 友麻碧・Laruha/KADOKAWA/「かくりよの宿飯」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年11月20日(火)

2018年11月19日(月)

2018年11月18日(日)

2018年11月16日(金)

2018年11月15日(木)

今日予約開始の商品