■ 「邪神ちゃんドロップキック」第1話。すき焼きが邪神ちゃんの横暴で

7月9日よりTOKYO MX、BSフジなどで放送されるTVアニメ「邪神ちゃんドロップキック」の第1話のあらすじと場面が公開された。
東京都神保町。アパートの一室ですき焼きパーティが開かれようとしていた。牛脂をひきネギを焼く。充満する香り、さっと焼かれる牛肉の両面。そこに特製の割りしたが今!立ち上る湯気と食欲をそそる音。楽しくあるべき食卓。だが邪神ちゃんの横暴がはじまる時、それは一変する。

■TVアニメ「邪神ちゃんドロップキック」とは
原作はユキヲ先生の同名コミック。 製作総指揮は夏目公一朗さん、監督は佐藤光さん、シリーズ構成は筆安一幸さん、脚本は筆安一幸さん・、村上桃子さん、キャラクターデザイン・総作画監督は古賀誠さん、アニメーション制作をノーマッドが担当する。

魔界の悪魔、通称「邪神ちゃん」は、ある日突然、人間界に召喚されてしまう。彼女を召喚したのは、神保町のボロアパートで暮らす、ちょっとブラックな心を持つ女子大生、花園ゆりねだった。しかもゆりねは、邪神ちゃんを魔界に帰す方法がわからないと言う。仕方なく一緒に暮らし始めた邪神ちゃんとゆりね。しかし、召喚者が死ねば魔界に帰れることから邪神ちゃんはゆりねの命を狙い……!? 少女と邪神ちゃんが繰り広げるちょっとキケンな同居生活コメディ!

邪神ちゃん役を鈴木愛奈さん、花園ゆりね役を大森日雅さん、メデューサ役を久保田未夢さん、ぺこら役を小坂井祐莉絵さん、ミノス役を小見川千明さん、ぽぽろん役を佐々木李子さん、ペルセポネ2世役を飯田里穂さん、橘芽依役を原奈津子さん、遊佐役を荒浪和沙さん、浩二(氷ちゃん)役を寺田御子さん、ベート役をM・A・Oさんが演じる。

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年11月20日(火)

2018年11月19日(月)

2018年11月18日(日)

2018年11月16日(金)

2018年11月15日(木)

今日予約開始の商品