■ 10月より放送。「転生したらスライムだった件」のキャラ紹介が公開

10月より放送されるTVアニメ「転生したらスライムだった件」のキャラクター紹介が公開された。

▼リムル(CV:岡咲美保さん)
サラリーマン三上悟は、事件に巻き込まれ、異世界に転生してスライムに。転生時に身についたユニークスキル「大賢者」と「捕食者」を頼りに、スライムながら、さまざまな種族と仲間になっていく。

▼ヴェルドラ(CV:前野智昭さん)
リムルが転生して最初に出会った天災級(カタストロフ)のドラゴン。暴風竜の名でも知られ、勇者によって洞窟の中に300年にわたって封印されている。

▼シズ(CV:花守ゆみりさん)
リムルと出会い、その運命に大きな影響を与えることになる女性。類い稀な強い炎の力を操る。

▼ベニマル(CV:古川慎さん)
オークによって滅ぼされた大鬼族(オーガ)族長の息子。真紅の髪と瞳、漆黒の角を持つ。正義感の強い性格で、許せないことには真っ直ぐに立ち向かう。

▼シュナ(CV:千本木彩花さん)
ベニマルの妹で大鬼族(オーガ)の姫。薄桃色の髪に白磁のような角を持つ。可憐な美貌だけでなく、調理や被服の才能に恵まれている。

▼シオン(CV:M・A・Oさん)
紫の髪と黒曜石のような角を持つ大鬼族(オーガ)の一族。見た目はクールビューティーだが、その戦闘力は髙い。

▼ソウエイ(CV:江口拓也さん)
大鬼族(オーガ)の一族のひとり。青黒い髪に褐色の肌、純白の一本角を持つ。常に冷静沈着な性格で隠密行動が得意。

▼ハクロウ(CV:大塚芳忠さん)
ベニマルにつき従う老大鬼族(オーガ)。老体ではあるが、すぐれた剣術の使い手である。

▼クロベエ(CV:柳田淳一さん)
大鬼族(オーガ)の里から逃げてきたベニマルたちの仲間。額に一対の小さな角がある。家業である刀鍛冶の技術を持っている。

▼ランガ(CV:小林親弘さん)
牙狼族のボスの息子。巨大な体と、額から突き出した角が特徴の妖獣。牙狼族は、暴風竜ヴェルドラの消失をきっかけに、森の覇者となるべくゴブリンの村を襲撃する。

▼ミリム(CV:日高里菜さん)
『破壊の暴君(デストロイ)』のふたつ名を持つ竜魔人(ドラゴノイド)。最古の魔王のひとり。リムルが只者でないことを見抜き、自ら姿を現す

■TVアニメ「転生したらスライムだった件」とは
著:伏瀬先生、イラスト:みっつばー先生のライトノベルが原作。監督は菊地康仁さん、副監督は中山敦史さん、シリーズ構成は筆安一幸さん、キャラクターデザインは江畑諒真さん、モンスターデザインは岸田隆宏さん、音楽はElements Garden、アニメーション制作をエイトビットが担当する。

サラリーマン三上悟は気がつくと異世界に転生していた。ただし、その姿はスライムだった。魔物種族と仲間となり、獲得したスキルを駆使しながら、さまざまな問題を解決していくスライム創世記。

リムル役を岡咲美保さん、大賢者役を豊口めぐみさん、ヴェルドラ役を前野智昭さん、 シズ役を花守ゆみりさん、ベニマル役を古川慎さん、シュナ役を千本木彩花さん、シオン役をM・A・Oさん、ソウエイ役を江口拓也さん、ハクロウ役を大塚芳忠さん、ミリム役を日高里菜さん、クロベエ役を柳田淳一さん、ランガ役を小林親弘さんが演じる。

(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月6日(月)

2021年12月5日(日)

2021年12月4日(土)

2021年12月3日(金)

2021年12月2日(木)