■ 「七星のスバル」7話。剣を探して海へ。水着を着てはしゃぐ旭姫たち

8月16日よりTBSにて放送されるTVアニメ「七星のスバル」第7話「剣を求めて」のあらすじと場面が公開された。水着を着て海ではしゃぐ旭姫たち。
水着を着て海ではしゃぐ旭姫たち。海底に刺さる“折れない剣”を探しに海の難所へ向かうが、海底にあったのは、陽翔のかつての相棒、プレアデス(七星剣)だった。

■TVアニメ「七星のスバル」とは
原作は田尾典丈先生×ぶーた先生の同名小説。監督は仁昌寺義人さん、シリーズ構成は吉岡たかをさん、キャラクターデザイン・総作画監督は山本由美子さん、アニメーション制作をLercheが担当する。

かつて、世界的人気のMMORPG《ユニオン》において、伝説となったパーティがあった。名を、スバル。小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、〈センス〉システムを中核に置く《ユニオン》において比類なき才能を発揮、瞬く間に勇名を馳せた。ところが、プレイヤーがゲーム中に息を引き取る事故が発生。この人死事件をきっかけに、《ユニオン》はサービスを終了してしまう。
……時は流れ、6年後。かつてスバルの中心として活躍した天羽陽翔は、ダメダメな高校生になっていた。性格はひねて、友達はおらず、何事にもやる気がない。だが、クラスメイトに巻き込まれる形でログインした新生《リユニオン》のなかで、陽翔は信じがたい“再会"を果たす。スバルの仲間であり、リアルの幼なじみだった少女、空閑旭姫――6年前、ゲーム中に死んだはずの彼女が、そこにいた。
「きっと夏の病だ。それかシステムエラー。むしろバグ!」
「あははっ。もう陽翔ってばどうしたの。顰めっ面なんて似合わないよ?」
――伝説は再び動き出す。革新的青春バトルオンライン!

天羽陽翔役を高梨謙吾さん、空閑旭姫役を大森日雅さん、碓氷咲月役を鬼頭明里さん、御門貴法役を石川界人さん、クライヴ=ヴィヴァリー役を寺島拓篤さん、日下希役を花守ゆみりさん、エリシア役を安済知佳さんが演じる。

(C)田尾典丈・小学館/「七星のスバル」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年9月20日(木)

2018年9月19日(水)

2018年9月18日(火)

2018年9月17日(月)

2018年9月16日(日)

今日予約開始の商品