■ 「つくもがみ貸します」第6話。幸之助の印籠を取り戻すために奔走

8月26日に放送されるTVアニメ「つくもがみ貸します」第六幕「碧瑠璃」のあらすじと場面が公開された。
ある朝、散歩に出かけた清次は幸之助と出会う。両国橋の上で近況を話していた二人だったが、ふとしたはずみで幸之助が川へと落ちてしまい、代々受け継がれてきた印籠「焦香」を失くしてしまう。幸之助は賢明に探すが「焦香」は中々見つからない。そんな中、「焦香」を拾ったという若い衆が現れ、返して欲しければ30両を用立てろと要求してくる。印籠を取り返せなければ家を勘当されてしまう幸之助のために、清次とお紅は資金を調達すべく、つくもがみと共に江戸の街を奔走する。

■TVアニメ「つくもがみ貸します」とは
原作は畠中恵先生の児童小説、監督はむらた雅彦さん、シリーズ構成は下山健人さん、キャラクター原案は星野リリィさん、キャラクターデザインは谷野美穂さん・吉沼裕美さん、アニメーション制作をテレコム・アニメーションフィルムが担当する。

江戸は深川、仲町にて損料屋・出雲屋を営む、お紅と清次という姉弟がいた。損料屋というのは、日用品から骨董品、そして美術品とありとあらゆる品をいくらかで客に貸し出す商いのこと。ただこの出雲屋が取り扱う道具たちが、他の店のものと一味も二味も違うのは、作られてから百年以上が過ぎ、魂を宿した「つくもがみ」という一種の妖のようなものになってしまっているところ。お客の元に貸し出されては、色々な話を聞いて来て、噂話を繰り広げる「つくもがみ」たち。人が良く情け深いお紅と清次は、そんな「つくもがみ」たちの力を借りながらこの町で起こる大小さまざまな騒動を解決していく。江戸の町に花開く「つくもがみ」と人間たちとが織り成す悲喜こもごもの人情噺、骨の髄までとくとご堪能あれ───。

清次役を榎木淳弥さん、お紅役を小松未可子さん、佐太郎役を櫻井孝宏さん、野鉄役を奈良徹さん、月夜見役を仲野裕さん、五位役を平川大輔さん、お姫役を明坂聡美さん、うさぎ役を井口裕香さんが演じ、ナレーションを片岡愛之助さんが担当する。

オープニング主題歌をMIYAVI vs シシド・カフカ、エンディング主題歌を倉木麻衣さんが担当する。

(C)2018 畠中恵・KADOKAWA/つくもがみ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年11月16日(金)

2018年11月15日(木)

2018年11月14日(水)

2018年11月13日(火)

2018年11月12日(月)

今日予約開始の商品