■ 「はたらく細胞」10話。黄色ブドウ球菌に免疫細胞に敗けない秘策が

9月8日よりTOKYO MXほかにて放送開始されるTVアニメ「はたらく細胞」の第10話「黄色ブドウ球菌」のあらすじと場面、予告が公開された。
細菌に襲われる赤血球! そんな赤血球のピンチを救ったのは、ガスマスクに防護服をまとったような見た目をした「単球」だった。この単球もまた白血球の一種の免疫細胞だという。気を取り直して鼻腔へと酸素を届けに向かった赤血球だったが、またしても細菌に遭遇してしまう。細菌の名は「黄色ブドウ球菌」。この黄色ブドウ球菌は皮膚や毛穴などにいる常在菌だが、今回は何やら免疫細胞に敗けない秘策があるというが……!?

■TVアニメ「はたらく細胞」とは
月刊少年シリウス連載中の清水茜先生の細胞擬人化マンガが原作。監督は「DRIFTERS」「ジョジョの奇妙な冒険」の鈴木健一さん、シリーズ構成は「月がきれい」「ちはやふる」の柿原優子さん、キャラクターデザインはおおきく振りかぶって」「弱虫ペダル」の吉田隆彦さん、アニメーション制作をdavid productionが担当する。

赤血球役を花澤香菜さん、白血球(好中球)役を前野智昭さん、キラーT細胞役を小野大輔さん、マクロファージ役を井上喜久子さん、血小板役を長縄まりあさん、ヘルパーT細胞役を櫻井孝宏さん、制御性T細胞役を早見沙織さん、樹状細胞役を岡本信彦さん、好酸球役をM・A・Oさん、B細胞を千葉翔也さんが演じ、ナレーションを能登麻美子さんが担当する。

オープニングテーマは赤血球(CV:花澤香菜さん)、白血球(好中球)(CV:前野智昭さん)、キラーT細胞(CV:小野大輔さん)、マクロファージ(CV:井上喜久子さん)が歌う「ミッション!健・康・第・イチ」。エンディングテーマはClariSの「CheerS」。

(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年11月18日(日)

2018年11月16日(金)

2018年11月15日(木)

2018年11月14日(水)

2018年11月13日(火)

今日予約開始の商品