■ 「オーバーロードIII」第10話。帝国はナザリックの建国を認め同盟を

9月10日よりAT-X、TOKYO MXほかで放送開始されるTVアニメ「オーバーロードIII」の第10話「戦争準備」のあらすじと場面、予告が公開された。
バハルス帝国がリ・エスティーゼ王国に対し、ナザリックを国として認めて同盟を結んだ旨を宣言した。さらに、王国の領土であるエ・ランテル近郊がナザリックのものであると主張する。王国の貴族たちの反応はさまざまだったが、帝国は毎年王国に攻め込み、小競り合いのような戦争を仕掛けてきた。今回の宣言もその口実と判断されようとする中、アインズの力を知るガゼフは警告を発し、戦いを避ける道を進言する。

■TVアニメ「TVアニメ「オーバーロード」とは
原作は丸山くがね先生の同名小説で、キャラクター原案はso-binさん、監督は伊藤尚往さん、シリーズ構成は菅原雪絵さん、キャラクターデザインは田﨑聡さん・吉松孝博さん、アニメーション制作をマッドハウスが担当する。

時は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。 プレイヤーであるモモンガは仲間と栄華を誇った本拠地ナザリック地下大墳墓で一人静かにその時を待っていた。しかし、終了時間を過ぎてもログアウトされない異常事態が発生。 NPCたちが意思を持って動き出し、さらにナザリックの外には見たこともない異世界が広がっていた。モモンガはかつての仲間を探すため、ギルドネームであったアインズ・ウール・ゴウンを名乗り、異世界にその名を轟かすことを決意。絶対の忠誠を誓う配下とともに新たな地へ進軍する。

アインズ/モモン役を日野聡さん、アルベド役を原由実さん、シャルティア役を上坂すみれさん、アウラ役を加藤英美里さん、マーレ役を内山夕実さん、デミウルゴス役を加藤将之さん、コキュートス役を三宅健太さん、セバス役を千葉繁さん、ナーベラル役を沼倉愛美さん、ザリュース役を東地宏樹さん、シャースーリュー役を楠見尚己さん、クルシュ役を雨宮天さん、ゼンベル役を石井康嗣さん、ラナー役を安野希世乃さん、クライム役を逢坂良太さん、ブレイン役を遊佐浩二さん、ラキュース役を小清水亜美さん、ガガーラン役を斉藤貴美子さん、イビルアイ役を花守ゆみりさん、ティア役を石上静香さん、ティナ役を富田美憂さんが演じる。

(C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年11月18日(日)

2018年11月16日(金)

2018年11月15日(木)

2018年11月14日(水)

2018年11月13日(火)

今日予約開始の商品