■ 「SAO アリシゼーション」2話。ログアウトできないキリトはユージオと

10月13日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第2話「悪魔の樹」のあらすじと場面が公開された。
絶命の危機にあるキリトが目を覚ますと、そこはファンタジーゲームを彷彿とさせる謎の世界の中だった。記憶が曖昧なままログアウトを試すも、現実世界に戻ることはできない。キリトが途方に暮れながら散策していると、やがて巨大な樹の下にたどり着く。そこで一人の少年と出会う。その少年の名は、ユージオといった。キリトはこの世界について話を聞き出そうとするが、ログアウトの方法はわからない。そしてユージオは、かつて自分の幼馴染だったアリスという少女のことについて語りはじめる。

■TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」とは
原作小説第9巻から第18巻にかけて展開したシリーズ最高峰にして集大成の大長編「アリシゼーション編」がアニメ化。監督は小野学さん、キャラクターデザインは足立慎吾さん・鈴木豪さん・西口智也さん、アニメーション制作をA-1 Picturesが担当する。

「ここは……どこだ……?」──気づけばキリトは、なぜか壮大なファンタジーテイストの仮想世界にフルダイブしていた。ログイン直前の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。そして、漆黒の巨木《ギガスシダー》のもとにたどり着いた彼は、一人の少年と出会う。「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」 少年は、仮想世界の住人──《NPC》にもかかわらず、人間と同じ《感情の豊かさ》を持ち合わせていた。ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。それは、幼少期のキリトとユージオが野山を駆け回る想い出──本来、あるはずのない記憶。更にその想い出には、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。名前は、アリス。絶対に忘れてはいけないはずの、大切な名前──。

キリト役を松岡禎丞さん、アスナ役を戸松遥さん、アリス役を茅野愛衣さん、ユージオ役を島﨑信長さんが演じる。

((C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年10月15日(月)

2018年10月14日(日)

2018年10月13日(土)

2018年10月12日(金)

2018年10月11日(木)

今日予約開始の商品