■ 「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン」秘密兵器「ダイブシステム」

11月10日より公開される劇場版アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」でアネモネがエウレカセブンと戦う唯一の手段である秘密兵器・ダイブシステムの情報が公開された。

エウレカセブンと戦うため、アネモネが所属する組織、特殊部隊アシッドに残された最後の砦――ホワイトルーム。そこには窓もなく、椅子とカメラが1つずつ置いてあるだけ。

エウレカセブンへのダイブ用施設ホワイトルームは東京湾の風の塔内にある。Model500(ゲオルギオス)という装甲車に乗り向かう。

アネモネはダイブスーツと呼ばれる専用スーツを着用し、エウレカセブン内へとダイブする。送り込まれたアネモネの意識はエウレカセブン内の情報空間で実体化したアバターとシンクロし、行動することができる。

まだ幼かったあの日。父、ケンは幼いアネモネを残して戦いに赴き、そして帰ってこなかった。ちゃんとお別れを言うことができなかったアネモネの小さな胸に深く残る後悔。7年が経過した。アネモネは父が散った戦場──東京にいた。人類の敵、7番目のエウレカ=エウレカセブンと戦うための組織・アシッドの一員として、アネモネには人類の希望が託されていた。そして、アネモネはエウレカセブンの中へとその精神を送り込む。アネモネがエウレカセブンの中で出会ったのは、ドミニクという青年と、エウレカという青緑の髪をした少女。この出会いは何を意味するのか。そして、見え隠れするレントンという名の少年の姿。アシッドに囚われていた謎の男・デューイは予言する。「お前たちが見ているエウレカセブンはエウレカセブンではない。偽りの神が創っては破棄した無数の不要な世界。いわばゴミの山だ」 アネモネとエウレカが出会った時、全ての真実が明らかとなり、新たな世界の扉が開く──。

前作に引き続き、監督は京田知己さん、脚本は佐藤大さん、キャラクターデザインは吉田健一さん、今作よりメカニックのデザイナーとして河森正治さんが参加する。アニメーション制作はボンズが担当。

(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年12月12日(水)

2018年12月11日(火)

2018年12月10日(月)

2018年12月9日(日)

2018年12月8日(土)

今日予約開始の商品