■ 「ユリシーズ」6話。ジャンヌの乙女義勇軍は激戦の地オルレアンへ

11月11日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」第6話「灰は灰に」のあらすじと場面、予告が公開された。
乙女義勇軍、激戦の地オルレアンへ!「子供になにができる」と高をくくっていたアランソンも、人を超えたジャンヌの戦いぶりをまのあたりにして驚きを隠せない。だがイングランドのベドフォード公は、ジャンヌを葬り去るべく、超絶の戦士をふたり戦場へと解き放つ。その名はユリスを狩る者グラスデール、そしてユリス・ノワール! 超人対超人の激突は衝撃的な結末を迎え……。

■TVアニメ「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」とは
「織田信奈の野望」の春日みかげ先生が原作。15世紀のフランスで起きた百年戦争を舞台に、ジャンヌ・ダルクのもう一つの物語を描く歴史ファンタジーだ。監督は板垣伸さん、シリーズ構成は金月龍之介さん、アニメーション制作をAXsiZが担当する。

百年戦争に終止符を打ったのは、二人の口づけ(ベーゼ)だった!? 貴族の息子でありながら魔術や錬金術の研究に没頭する少年 モンモランシは、パリの王立騎士養成学校でブルターニュ公の妹 リッシュモンら、多くの騎士・姫騎士候補に囲まれ、慌ただしくも充実した日々を送っていた。だがアザンクールの戦いでの大敗によって、フランスと彼らの運命は一変する。パリが陥落し、騎士養成学校も閉鎖され、すべてを失いお尋ね者の流れ錬金術師となったモンモランシは、逃亡先の村で不思議な少女ジャンヌと出会う…。

ジャンヌ・ダルク役を大野柚布子さん、モンモランシ役を逢坂良太さん、アスタロト役を東城日沙子さん、リッシュモン役を沼倉愛美さん、シャルロット役を大西沙織さん、フィリップ役を高田憂希さん、ラ・イル役を石上静香さん、バタール役を桑原由気さん、アランソン役を間島淳司さん、ザントライユ役を高橋英則さん。グラスデール役を平田広明さん、エンリル役を子安武人さん、ニコラ・フラメル役を糸博さん、ヘンリー五世役を日野聡さん、ベドフォード公役を興津和幸さん、ラ・トレムイユ役を阿部敦さん、ジャン無怖公役を斧アツシさん、赤髭のジャン役を玄田哲章さん、カトリーヌ役を富田美憂さん、トマス役を諏訪彩花さんが演じ、ナレーションを石塚運昇さんが担当する。

(C)春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年11月16日(金)

2018年11月15日(木)

2018年11月14日(水)

2018年11月13日(火)

2018年11月12日(月)

今日予約開始の商品