■ 人が巨大な虫になる。橋本花鳥先生「虫籠のカガステル」アニメ化

橋本花鳥先生「虫籠のカガステル」がNetflixオリジナルアニメとしてアニメ化される。監督は「ラストエグザイル-銀翼のファム-」などの千明孝一さん、アニメーション制作はGONZOが担当する。

21世紀末、人が巨大な虫になる奇病「カガステル」が発症する。“虫(カガステル)”は理性を失い、人を襲う。だが世界的に“虫”の〈駆除〉が認められたのは、世界人口の三分の二が喰い殺された後だった…。カガステル発生から30年後の西暦2125年。人殺しと言われる無情な〈駆除屋〉の青年キドウは、“虫”の巣窟である“虫籠”に近い黄砂の地で絶命寸前の男を発見し、彼の娘を託された。その娘の名は、イリ。父の死の悲しみに打ちひしがれ動こうとしないイリの頬を叩くキドウ。この出会いが二人を、世界を変える。

原作コミックは第7巻まで発売されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年11月19日(月)

2018年11月18日(日)

2018年11月16日(金)

2018年11月15日(木)

2018年11月14日(水)

今日予約開始の商品