■ 「エガオノダイカ」に松岡禎丞、佐藤利奈、神奈延年、置鮎龍太郎ら

2019年1月よりWOWOW、TOKYO MX、読売テレビにて放送されるタツノコプロの創立55周年企画のオリジナルアニメ「エガオノダイカ」の花守ゆみりさん演じるユウキ・ソレイユの治めるソレイユ王国のキャラクターとそのキャストが発表された。幼馴染のヨシュア・イングラム役を松岡禎丞さん、指導役のレイラ・エトワール役を佐藤利奈さん、騎士団総長のハロルド・ミラー役を神奈延年さん、政務官のユニ・ヴァンキッシュ役を小市眞琴さんが演じる。

▼ユウキ・ソレイユ(CV:花守ゆみりさん)
ソレイユ王国の王女。天真爛漫で無邪気、よく笑い、泣き、怒る、感情表現の豊かな少女。国民だけでなく全ての人を笑顔にすることが王の務めだと考えている。周囲の人間に愛される元気いっぱいの女の子。

▼ヨシュア・イングラム(CV:松岡禎丞さん)
ユウキの幼馴染。王国を守る騎士の家系。ユウキとは兄妹のように仲が良く、王国内で一番の遊び相手であり、良き理解者。明るい熱血漢。気合と根性があれば何とかなるというのが信条。ユウキを守ることが自分の使命だと考えている。

▼レイラ・エトワール(CV:佐藤利奈さん)
ユウキの指導役。ユウキにとっては唯一の怖い存在。博識で、礼儀作法に厳しい。普段は寡黙で、王国内でユウキを本気で叱れる数少ない人間の一人。ただ、その厳しさはユウキを想う愛情からきており、ユウキを全力で支える。

▼ハロルド・ミラー(CV:神奈延年さん)
現騎士団総長。ユウキを娘のように思い、彼女に対しては優しい笑顔を向ける。戦場においては的確な判断を下せる優秀な指揮官。イザナとは士官学校時代からの付き合い。

▼イザナ・ラングフォード(CV:置鮎龍太郎さん)
冷静沈着、頭脳明晰で状況把握能力に優れている政務官。争いごと自体を好まないが、愛する妻と娘との平和な日常を守るためにも戦いは止む無しと考えている。お酒には弱い。ハロルドとは士官学校時代からの付き合い。

■TVアニメ「エガオノダイカ」とは
タツノコプロの創立55周年企画のオリジナルアニメ。監督は鈴木利正さん、シリーズ構成は猪爪慎一さん、キャラクターデザインは中村直人さん、音響監督はたなかかずやさん、音楽は伊藤翼さん、アニメーション制作はタツノコプロ。

地球より遥かかなたの星にある、笑顔に溢れた王国。王女のユウキは十二歳、そろそろ多感なお年頃。毎日泣き、笑い、時にはときめいたり…?しながら、王宮で楽しく暮らしている。日々を彩るのは、忠実な家臣たち。教育役のレイラ、政治を補佐するイザナ、騎士団長ハロルド、そして……幼馴染の側近、ヨシュア。「ユウキ!気合と根性さえあれば、何だってできる!」「……もうっ。またそれ~!?ヨシュア、もっと貴族らしくしてっ!」ステラは十七歳、有能かつクールな軍人。けれど微笑みはいつも絶やさない……笑顔は生きるためには、欠かせないから。これは、遠い星に生まれた、二人の少女の物語。

ユウキ・ソレイユ役を花守ゆみりさん、ステラ・シャイニング役を早見沙織さん、ヨシュア・イングラム役を松岡禎丞さん、レイラ・エトワール役を佐藤利奈さん、ハロルド・ミラー役を神奈延年さん、ユニ・ヴァンキッシュ役を小市眞琴さんが演じる。

オープニングテーマはChiho feat. majikoの「エガオノカナタ」、エンディングテーマはキミノオルフェの「この世界に花束を」。

(C)タツノコプロ/エガオノダイカ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年12月11日(火)

2018年12月10日(月)

2018年12月9日(日)

2018年12月8日(土)

2018年12月7日(金)

今日予約開始の商品